15,000円以上で送料無料

特集 Thumb main

氷で変わるお酒の味

BARのお酒がおいしいワケ

バーで飲むお酒

外で飲むお酒とおうちで飲むお酒は、雰囲気なども相まって味が違うように感じます。

特にお酒に特化しているバーなどで飲むお酒は格別です。

バーのお酒にあこがれて、家できちんとカクテルを作ってみたけれど、何かが違う。

もしかしたらその原因は「氷」にあるのかもしれません。

お酒のための氷

氷の入ったカクテル

バーで用いられている氷はまさに、お酒のためだけにつくられた氷です。

お酒の味を邪魔しないように。すぐに溶けて薄まらないように。

実は目立たない氷にも、たくさんのこだわりがつまっているのです。

ロックのウイスキーに入っている氷を見たことはあるでしょうか?

透明できれいな球体になっています。

もちろん何の理由もなく丸い氷を使っているわけではありません。

なんで透明?なんで球体?

バーテンダーとカクテル

おうちの製氷機で作った氷を見てみると、バーで使われている氷のように透明ではありません。

それは不純物や気泡などが一緒に入っているからなのです。

つまり、バーの氷には不純物や気泡などが含まれていないということになります。

これは、お酒の中で徐々に溶けてきたときに雑味も一緒に溶けだしてしまうのを防ぐためなのです。せっかく高いウイスキーなどを頼んでも、「氷の味」が加わってしまったら台無しです。

また、氷をきれいな球体に成形しているのにも理由があります。

球体とそのほかの形で比較すると、同じ体積でも球体の方が表面積が小さいため、溶けにくいからです。

お酒をゆっくりと味わっているときに氷がすぐに溶けだしてきてしまっては、どんどん味が薄まってしまいますよね。

こんな風に、バーでは提供するお酒の味を第一に考えた氷を使っているのです。

おうちでは無理?

ウイスキーと氷

これだけこだわりのあるバーの氷。

到底おうちでは作れない、と思っていませんか?

諦めるのはまだ早いですよ。

実はあのバーの氷、おうちでも作ることができるのです。

高性能な製氷機や、特別な技術も必要ありません。

美味しいお酒のために、ちょっとだけ手間、かけてみませんか?

白くない氷を作る

透明な氷とウイスキー

きれいな氷を作るためにはまず水からです。

おうちの氷が白っぽくなってしまうのは、不純物が入ったまま、急速に凍らせてしまうから。

だったらその逆を考えればよいのです。

つまり、不純物を取り除き、ゆっくり凍らせる、のがポイントです。

まずはミネラルウォーターを用意します

きれいな水

このとき、ミネラルも不純物になってしまうため、ミネラル分が少ないものを選ぶようにしてください。

水道水を使う場合は、一旦沸騰させることで空気や不純物を取り除きましょう。

ミネラルウォーターや浄水器の水は塩素を含まないため、冷凍庫の製氷機では衛生上、凍らせることができません。製氷皿を使って凍らせます。

水を凍らせていく

氷

水を用意したところで、次は水をゆっくり凍らせていきます。

冷凍庫の温度を変更できる場合は、-4℃~-10℃ぐらいに設定しましょう。こうすることで、ゆっくりじっくり凍らせることができるのです。

温度設定を変えられないのであれば、発泡スチロールや割り箸の出番。製氷皿の下に敷くことで、凍るのを遅らせることができます。

あのきれいな球体にしたい

丸い氷

プロのバーテンダーの方々は、アイスピックや包丁などで氷を削って球体をつくっていきます。

ですが、素人がそれを真似すると、手を怪我してしまう恐れがあるので危険です。

球体をつくるための製氷皿はお手ごろな価格で売られていますので、それを利用しましょう。

もともと四角い形の氷をアイスモールドという金属で球体に成形することもできます。アイスモールドは1万円~10万円と値がはりますが、とても家で作ったとは思えないほどきれいな球体になってくれますよ。

お酒に合わせた氷の形

ウイスキーの中に沈む、きれいな球体の氷はとっても魅力的。

でもすべての氷をあの形にする必要はありません。

お酒に合わせて、飲みたい状態に合わせて、氷の形を選びましょう。

氷塊

氷の種類は大きく分けると5種類。

ブロックオブアイス(1kg程度の大きな氷の塊)、ランプオブアイス(握りこぶし大)、クラックドアイス(直径4cm程度)、キューブアイス(3cm四方の立方体)、クラッシュドアイス(氷を細かく砕く)です。

先ほどまでご紹介していたあの丸い氷はランプオブアイスに分類され、主にロックスタイルで飲む場合に使われます。

氷がたっぷり入ったカクテル

クラックドアイスは大きさが程よいので、シェークやステアで作るカクテルでよく用いられるようです。キューブアイスはシェーカーやタンブラーに入れるなど、最も万能な形。涼しげなクラッシュドアイスは、トロピカルカクテルなどで活躍します。

このように、実はお酒のスタイルに合わせて氷は使い分けられているのです。

球体にこだわらず、お好きなお酒や、飲み方に合った氷の形を選んでみてください。

おうちでもBar気分

カクテル

いかがでしたか?

バーのおいしいお酒の秘密は「おいしい氷」にありました。

ですが、少しの工夫でおうちでもバーのような氷を作ることができちゃうのです。

休日の優雅なお酒タイムには、特別おいしい氷を使ってみませんか?

関連タグ

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb headipc インスタ限定!プレゼント企画を開催します。

いつも見てくださるフォロワーの方々に感謝!

読むストーリー Thumb sdt 2 大事なお洋服のお手入れどうしてる?珪藻土の力でクローゼットの除湿ができる『DRYING TUBE』を試してみました。

珪藻土アイテムの火付け役「soil」からクローゼット収納のお守りアイテムが新登場。スーツのプロによるお試しレポをお届け。

読むストーリー Thumb kimura glass pt 引越し祝いにもらって嬉しいもの、贈ってうれしいもの

贈り物のマナーとあわせてご紹介

読むストーリー Thumb cygne pt ボーナス直前!ほしいものリストを作ってみました

欲しいと思っていた気になる『日本のいいもの』を説得ネタ含めご紹介していきます。

読むストーリー Thumb thumb fabrik used 何を重視すべき?長く愛用するための、お財布の選び方

使いやすいお財布を選ぼうと思うのなら、まずはお財布のサイズに注目すると良いでしょう。