0

ひんやりデザートも「9°(クド)」ひとつで。ラクに楽しむ夏のおうち時間。

ひんやりデザートも「9°(クド)」ひとつで。ラクに楽しむ夏のおうち時間。

8月になりました。気温がぐんぐん上がってきて、夏らしい天気が続いていますね。ん〜、本当に暑い!

最近は毎日の楽しみがアイスになりつつあります。仕事の日も、休日も。コンビニで買うのがお決まりですが、先日9°(クド)を使ってごはんを作っていた時、「そういえばこれ、冷凍もできるな。」とありがたい機能性を思い出し、週末にアイスを作ってみることにしました。

こんなに便利な器があるんです。

まずは主役をご紹介。「9°(クド)」はひとつで調理器具、食器、保存容器の3役を果たす耐熱樹脂の器です。

マイナス20度から220度まで対応しており、電子レンジで温めても本体が熱くなりにくい器。美味しいものを食べたいけどラクしたい日は、だいたい調理から食事まで9°が活躍してくれています。蓋も器になってくれるので取り皿を用意する必要もありません。



直径9cmの「U90」と、直径15cmの「U150」の2サイズで、工場を構える富山県の白馬岳でみられる雪や大地、草木をイメージした6色展開。どの色も可愛いのですごく迷いました。

色や手触り、テーブルに置く音、かたさ、軽さといった細部までこだわっており、2018年に『グッドデザイン賞』を受賞しています。



9°公式Instagramでは専用のレシピが紹介されていて、作ってみたい料理もたくさん。もちろんレンジで温めるだけです。


9°
2,640円(税込/送料別)〜


ラクしたいアイス作り。

大好きなアイスですが、週末だから簡単に作りたい。夏は暑いからラクしたい。そんなわがままも聞いてくれるのが9°です。

とりあえず2種類つくってみようと思います。まずはアレンジも楽しめそうなミルクアイス。



用意するもの(9°はU150使用)

・牛乳(200ml)

・生クリーム(200ml)

・蜂蜜(9°の内側を3周分くらい)

牛乳と生クリームは同量に。蜂蜜は好きなだけ入れて良いと思います。バニラエッセンスを入れてもおいしそう。


作り方

①材料を9°に入れて混ぜる

②冷凍庫で固める


文字にしてびっくり。これはレシピと言えるのか……?

蜂蜜が固まらないように、9°に少し牛乳を入れてレンジで温めてから混ぜました。



さて、もうひとつは大好きなクッキーアンドクリームです。昔マシュマロでムースを作ったことがあったので、食感が変わったりするかな?と思い、砂糖代わりに使ってみました。



用意するもの(9°はU150使用)

・マシュマロ(底面が見えなくなるくらい)

・牛乳(マシュマロたちが浸かるくらい)

・お好きなクッキー(好きなだけ)


作り方

①マシュマロと牛乳を9°に入れ、レンジで温める

②マシュマロが全部溶けて液状になったら、好きなだけクッキーを入れて混ぜる

③冷凍庫で固める





ミルクアイスほどではないですが、こちらも簡単です。クッキーは手で適当に割って入れました。

ちなみにマシュマロは意外とすぐ溶けるので、レンジで温めるときは中の様子を見ておくことをおすすめします。本当に。油断するとマシュマロが大放出しているのでご注意ください。(体験談)



材料が少し余ったので、U90で思いつきアイス。マシュマロと牛乳、生クリーム、蜂蜜をちょっと混ぜて、トッピング用で買っていたナッツを砕いて入れました。

あとは1時間おきくらいに中身を混ぜながら、固めるだけ!初めてのアイス作り、混ぜただけでした。ご家庭の冷凍庫によって時間差があるようなので、気長に待ちましょう。



週末のあれこれでバタバタしているうちに、アイスが完成!しっかり凍っている場合は取り出して2〜3分くらい置いておくと、ちょうど良い固さになってくれます。



ミルクアイスは素朴で優しい味。シャーベットのような食感になりました。コーヒーゼリーに乗せたり、アフォガードにしてもおいしそう。蜂蜜の優しい甘さがコーヒーの苦味に合いそうです。



1番成功したのは、思いつきで作ったナッツのアイス。アイスクリームに近い仕上がりで、ちゃんとナッツの風味も感じる上品なアイスになりました。クッキーアンドクリームは中間くらいの食感。クッキーがしっとりして美味しかったのですが、間に挟まっているクリームが甘めなのをすっかり忘れていました……。甘党の方はお好きかもしれませんが、そうでもない方は抜いておくのがおすすめかも。



写真でお気づきかもしれませんが、マシュマロを使った2つはプリンやムースを固めた時を思い出させる、丸みのある質感になりました。マシュマロにゼラチンが入っているからかな。食感の違いも楽しんでみたいので、まだ違う材料で作ってみようと思います。

おうちだから、盛り付けも楽しむ。

手作りアイスはもちろんですが、使ってみたかったそば猪口やカップでアイスを食べるのも楽しみにしていました。器を選べる楽しみは、おうちだからこそ。

アイスは買ってそのまま食べるのが当たり前だったのですが、お気に入りの器で食事するとき同様、やっぱり幸福感がプラスされます。ついついトッピングしたくなる。



sghr|スケボトル 猪口

ミルクアイスを入れたのは先月発売された「スケボトル 猪口」。シンプルな形ゆえに、ガラスの美しさが際立つカップです。




夏はやっぱりガラスを求めてしまうんだよなあ。目からも涼しさをくれる素材です。アイスが似合う、ころんと可愛いシルエットもお気に入り。


スケボトル 猪口
スケボトル 猪口
1,650円(税込/送料別)〜

丸三安田瓦|TSUKI カップ

クッキーアンドクリームをいれたのは、ずっと使ってみたかった「TSUKI カップ」。酒器なのですが、今回は思い切ってアイスカップとして活躍してもらいました。瓦ならではのシワや銀鼠色がつくる独特な雰囲気……未熟な私には届かない、大人の佇まいのようなものを感じます。お父さんに使って欲しいと思う器です。




北国の寒さにも耐える「安田瓦」から生まれたTSUKIシリーズ。瓦は断熱性に優れていて、温度を一定時間保持してくれるそうです。アイスをゆっくり食べたい映画鑑賞や読書の時はこれを使おう。


TSUKI カップ
TSUKI カップ
2,420円(税込/送料別)〜

琉球ガラス

ナッツのアイスは小さめのU90で作ったのでそのまま食べていましたが、半分を琉球ガラスのそば猪口に入れてみました。



気泡の入り方に個性があって可愛いんです。沖縄の綺麗なを海を連想させてくれて、夏は特に使いたいアイテム。


CRAFTガラス市 琉球ガラス編

COPPER the cutlery|アイスクリームスプーン

器だけでなくスプーンにもこだわると、より満足感がアップ。「アイスクリームスプーン」はその名の通り、アイスのために生まれたカトラリーです。




固く凍ったアイスにもスーッと入る感動をぜひ体験していただきたい!熱伝導性が高い銅で作られているので、スプーンを握った手の温もりをダイレクトに伝えてくれます。夏のプレゼントにもおすすめのアイテムです。


アイスクリームスプーン
アイスクリームスプーン
2,200円(税込/送料別)〜

こちらのコラムもおすすめです