15,000円以上で送料無料

特集 Thumb img 1233

意外に知らないカトラリーの歴史/スプーン、フォーク、ナイフ

どれから使うか迷う、カトラリー

パスタとフォーク

多くの人が聞いたことがあるはずの「カトラリー」という言葉。

カトラリーとは、食卓で使うナイフやフォークなどの総称です。

カトラリーにはお肉用・お魚用・スープ用・デザート用など、たくさんの種類があって、最初は正直どれから使うか迷ってしまったり。

ちょっと格式が高いフルコースのディナーなんかは、マナーが厳しいイメージがあって緊張してしまう、なんてことありませんか?

今回は、そんな私たちを悩ませるカトラリーの歴史についての特集です。

洋食には必須

カトラリー 出典:https://www.pexels.com/photo/stainless-steel-table-set-33718/

フレンチ・イタリアンなどの洋食には欠かせない、ナイフ・スプーン・フォークに代表される食器たちですが、実はこの子たちがセットで出されるようになったのは、19世紀ごろです。

今から考えるとおよそ200年前、ということになります。意外と浅い歴史ですよね。

じゃあカトラリーが普及する前は、どうやって食べていたの?というのが気になるところ。

驚くべきことに、実は「手」を使っていたようです。

それと同時にマナーもあまり洗練されていなかったみたい…

カトラリーの歴史と共に、マナーの変遷もひも解いていきましょう。

中世のヨーロッパ

手で食べる食事 出典:https://www.pexels.com/photo/food-salad-restaurant-person-5317/

カトラリーが食卓で使われる以前は手を使っていた、というお話はしましたが、一概に「道具がなかったから」とは言えないようです。

手づかみ食事スタイルの裏にあるのは、「指は神様が与えた優れた道具である」という宗教観。

食事に触れられるのは自分の手指だけ、というような教えが根本にあったのだと考えられます。

また、マナーの教本のようなものができたのは13世紀ごろ。それまでは、今では考えられないほど食事のマナーは悪かったようですよ。

食卓に一番乗り ナイフ

ステーキとナイフ 出典:https://unsplash.com/photos/XLxhM6UH4pA

カトラリーの中で、最も早く、12世紀ごろテーブルに登場してきたのはナイフでした。

と言っても、現在のように、個人用として置かれているのではなく、大きな肉を切り分けるためのナイフがテーブルに一本だけ用意されていたようです。

その後、15~16世紀になると、ようやく一人一人がナイフを使うようになります。

ですが、こちらも今のように招く側が用意するのではなく、個人が用意し、持参する形だったようです。

当初、ナイフの先は尖っていたため、食事の後にナイフの先で歯の掃除をする人も多かったそう。

なんだか、マナーの悪さがわかる事例ですね。

宗教色の強かった スプーン

スープとスプーン 出典:https://www.pexels.com/

太古からスプーンのような形状のものは発掘されてはいますが、食事に用いられていたわけではなく、調理や化粧道具として用いられていました。

14、15世紀ごろに食卓に登場し、スープを飲むために使われました。しかし、これは上流階級での話。

スプーンは当時、高級品だったため、一般庶民には普及していませんでした。

庶民が使うようになるのは17~18世紀ごろにまで下るようです。

ちなみにスプーンはキリスト教と深いかかわりを持ちます。

それは洗礼式の場面。

水遊びをする子ども 出典:https://unsplash.com/photos/XKpPsuuGE_Q

キリスト教徒は子どもが生まれると、洗礼を受けさせます。その時に、スプーンを贈る、という習慣があったのです。その素材は貧富の差によって変わり、裕福な家では銀のスプーンが贈られました。このことから、「銀の匙をもって生まれてきた子は幸福になれる」という言い回しができた、と言われています。

なかなか日の目を見なかった フォーク

ご飯とフォーク 出典:https://www.pexels.com/

ナイフやスプーンのように、すんなりと人々に受け入れられなかったのが、フォークでした。

今では、フォークがなければ食べられないじゃないか、と考えるのが普通ですが、中世ヨーロッパでは、手で食べないなんて!という認識なのでした。

西欧で食卓にフォークが上ったのは、意外に早く、11世紀のイタリアでのこと。

しかし、そこからが長かったのです。

食卓にあるフォーク 出典:https://stocksnap.io/photo/W7U3CO2QM3

根本にあるのは、「食べ物は神様からの授かりものであるから、手で食べるのが正当である。フォークを使うのは摂理に反する。」という宗教の教え。

人々に根付いたこの考え方を変えるのには、長い時間がかかったということですね。

フランスにフォークが登場したのは16世紀ごろですが、浸透せず、また手づかみスタイルに逆戻り。原因はフォークの形にもありました。

そのころのフォークは今とは違って、二股で使いづらいものでした。

そのため、貴族が気取って、大変そうにフォークで食べる様子は、庶民からすると嘲笑の対象にもなったようです。

イタリアではパスタを食べる習慣のために、16世紀という比較的早い時期から普及しましたが、イギリスでは18世紀に入るまでは使用されず、各国でも広がり方に差がありました。

マナーはどうやってできたのか

セッティングされたテーブル 出典:https://www.pexels.com/photo/cake-chairs-cutlery-decoration-395134/

カトラリーが一般的になるまでにはかなりの時間がかかったわけですが、マナーという考え方はどのように始まったのでしょうか。

13世紀ごろに出版された初期のマナー本の内容は「テーブルの上や周囲に唾を吐いてはならない」など、今となってはマナーと言うよりはルールに近いものでした。

14世紀に入ると「食事前には手を洗うこと」など、基本中の基本のマナーとなっていきます。

そして、15世紀、フランス王家に嫁いだカトリーヌに付き添ってきたイタリア人シェフが著した『食事作法の50則』。これが最初のテーブルマナーの専門書となりました。

このようにして、テーブルマナーは世界に広がっていくことになります。

最初はまるで幼稚園児並みだったマナーですが、約200年の時間をかけて今のような形式になったのです。

みんなで囲む食事 出典:https://www.pexels.com/photo/adult-celebration-cheers-congratulations-415318/

マナーというのは各国各地、時代によって変化するもので、あくまでもみんなで食事を楽しみ、周囲を不快にさせないためのもの。

あまりにもマナーを気にしすぎると、料理もおいしく食べることができませんよね。

基本的なマナーを身に着けて、食事を楽しみましょう。

カトラリーからわかる人々の暮らしの歴史

カトラリーのある食卓 出典:https://unsplash.com/photos/y3aP9oo9Pjc

いかがでしたか?

意外と知る機会のないカトラリーの歴史。

そこからわかったのは、マナーや、人々の食事の歴史でした。

マナーをただ身に着けるだけでは、つまらないですよね。

でも、ちょっとユニークな彼ら3兄弟の歴史を知れば、なんだか楽しく勉強できそうな気がしてきませんか?

関連タグ

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb craft logo thumb CRAFT STOREの新しいロゴができあがりました。

手で作ることのやわらかさ、自然さ、愛おしさをこめた新しいシンボルです。

読むストーリー Thumb about craft         6 はじめまして、CRAFT STOREです。

日本を旅するネットショップ、CRAFT STORE。

読むストーリー Thumb  r1a8129 cygne(シーニュ)がNAGAE+から新登場

富山は高岡の技術が生み出すフェイシャルセルフケアツール、まもなく。

読むストーリー Thumb thumb img 5751 【Staff-Picks】"白"アイテムで統一感を出すと、清潔感のある食卓をつくれる。

CRAFT STORE オーナーにして、自他共に認める"白好き"井手康博。来客用にぴったりな、清潔感溢れる品々をご紹介。

読むストーリー Thumb ogp 【Staff-Picks】自宅の清潔感をアップできるメイドインジャパン製品

CRAFT STORE のオーナーにして、自他共に認める"潔癖症" 井手康博。自宅を清潔に保つ、厳選の品々をご紹介。

読むストーリー Thumb sake article thumb 日本酒に合わせたグラス・酒器選び/素材による飲み口の違い

グラスの素材、形状によってお酒の味がガラッと変わります。