新商品入荷中!

特集 Thumb img 1253

カトラリーの材質/スプーンやフォークの選び方

setting dinner 出典:https://www.pexels.com

いいカトラリーは・・・

dinner 出典:https://www.pexels.com

食事をするときに使うナイフやスプーン、フォークのことを指す、カトラリー。

「いい靴はその人を素敵な場所へ連れて行ってくれる。」

こんな有名な言葉がありますが、

ナイフやフォーク、スプーンなども同じで、

いいカトラリーは素敵な料理に出逢わせてくれるんだと思います。

普段何気なく口にしている、スプーンやフォークも、

人は無意識に、少しの違いを感じ取っています。

素材や形状が変わるとまた違った口当たりになり、

ご飯をより美味しく、そして楽しく感じさせてくれるはずです。

カトラリーの素材

フォークやナイフ 出典:https://www.pexels.com

カトラリーの素材として、一般的にイメージされるのは、純銀、洋白銀器(銀メッキ)、ステンレススチールの3種類。

純銀

純銀のフォーク 出典:https://www.pexels.com

銀は金と並んでその希少価値によって、古くから貨幣や宝飾品として用いられてきた金属であり、富の象徴でもあります。

裕福な家庭に生まれることを「銀の匙をくわえて生まれてきた」という表現があるほどです。

その言葉から、誕生祝いに銀のスプーンを贈る風習は生まれました。

表面の滑らかさ、熱伝導率、抗菌性、どれをとっても素晴らしく、

銀の輝きは、金属の中でも最も美しい輝きと言われています。

洋白銀器(銀メッキ)

カトラリー画像 出典:https://www.pexels.com

高価な純銀製カトラリーの代用として考えられたのが洋白銀器(銀メッキ)です。

この銀メッキ製カトラリーの誕生により、これまで一部の王公貴族しか使われていなかったシルバーカトラリーが急速に一般家庭にも普及しました。

今では、銀器というと一般的にこの洋白銀器をさすほどです。

銅とニッケルと亜鉛からなる合金が銀器の素地になっており、

洋銀(洋白)またはニッケルシルバーと呼ばれています。

手に取った時の重量感(比重)も銀と似ており、外観も純銀製と変わりません。

ステンレススチール

ステンレススチールフォーク 出典:https://www.pexels.com

ステンレスはその名の通り「ステン(錆び)レス(ない)」材質です。

1820年代にイギリスのファラデーが、鉄にクロムを添加すると錆びにくい合金が出来ることを発見したのが、ステンレスのはじめと言われています。

その後20世紀に入り、今のような組成のステンレスが完成しました。

ステンレスは純銀や洋白銀器に比べ低価格ですが美観や耐食性などの優れた品質により、現在では洋食器の素材として最も一般的な物として定着しています。

そもそもいいカトラリーって?

ナイフやフォーク 出典:https://www.pexels.com

純銀製のような高価なものが"いいもの"というわけではないのです。

いいカトラリーの条件は3つ。

・口当たりの良さ

フォークを口にしている 出典:https://www.pexels.com

どんなにデザインや素材が良くても鉄の味がして金気を感じたり、表面がざらざらで滑らかでないと、それに気を取られてしまって料理の美味しさがそのまま伝わりづらくなります。

・持ちやすさ

フォークに乗った料理 出典:https://www.pexels.com

使いにくいカトラリーは、料理が口に運びづらくなります。

使いにくいとは、大き過ぎる、重過ぎる、バランスが悪い、などです。

自分の手の大きさにあうカトラリーを選びましょう。

・熱伝導率の良さ

ホットココア 出典:https://www.pexels.com

熱伝導率とは熱が伝わる早さと量です。

熱伝導率が高いと、料理の温度とカトラリーの温度が同じになりやすく、

温かいものは温かいまま、冷たいものは冷たいまま食べることが出来ます。

プレゼントに

plesent 出典:https://www.pexels.com

先ほどにも少し書きましたが、

「銀のスプーンをくわえて産まれてきた子は幸せになれる」という言い伝えがあります。

「赤ちゃんが食べ物に困らないように。」という願いを込めて、

出産祝いに銀のスプーンを贈る風習があります。

カトラリーは丁寧に扱えば一生使い続けられるアイテムです。

人生の節目に上質なカトラリーを贈ることは、心がこもっている素敵なプレゼントとして大変喜ばれるでしょう。

食卓に彩りを

食卓に彩り 出典:https://www.pexels.com

上質なカトラリーは毎日の食卓がより上品になります。ご自身に合ったカトラリーを使えば料理もより楽しく、美味しく感じるはずです。

こだわりのカトラリーが、毎日の食卓をもっと豊かに彩ってくれて、食事の時間が今以上に素敵なものとなりますように。

関連タグ

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb img 0177 一緒につかえる「日本のいいもの」をプレゼント!

9月28日から1週間送料無料キャンペーンも

読むストーリー Thumb hasami head 有田から波佐見へ…はじめての陶器市・陶器祭り~後編~

いままでの人生の旅史上トップ3入りするくらいとにかく最高だった

読むストーリー Thumb head お宝発掘で大興奮!はじめての陶器市・陶器祭り~前編~

いままでの人生の旅史上トップ3入りするくらいとにかく最高

読むストーリー Thumb sghr キラキラ輝くグラスの秘密に迫る…菅原工芸硝子の工場見学へ行ってきました

千葉の夢の国はここにもあったんですね…!

読むストーリー Thumb den 燻製器に高級紙メモまで…日本のいいもの4ブランドが新登場

ワクワクすることがしたいなら

読むストーリー Thumb moku plate pt はじめてのお買い物ガイド【テーブルウェア編】

お気に入りがあるって豊なこと。