丸三安田瓦

瓦の一大産地である新潟県阿賀野市に看板を掲げている「丸三安田瓦」。安田瓦を新しい形で知ってもらいたいという想いで、立ち上げた新ブランド「TSUKI」は、銀鼠色の奥ゆかしい輝きが特徴。静かな存在感で上質な食卓を演出します。

雪国を守ってきた、強く美しい瓦

瓦 出典:https://www.photo-ac.com/

瓦づくりはその地域の気候に、

いかに適応させられるかが肝。

日本の一番北で生まれた『安田瓦』は、

北国の厳しい寒さや、しんしんと降り積もる、

雪の重さにも耐え抜く丈夫な瓦です。

185年の歴史をもち、その質の高さから、

官庁や学校などの公共物にも選ばれてきた素材。

そんな安田瓦の産地である新潟県阿賀野市に、

看板を掲げているのが「丸三安田瓦」です。

銀色の月のテーブルウェア

TSUKIのテーブルウェア

安田瓦を新しい形で知ってもらいたいという想いで、

立ち上げられた、新ブランドが『TSUKI』です。

日本を代表する若手デザイナーの梅野聡さんが、

ディレクションを手がけ、瓦と食卓の新しい出会いを実現させました。

職人による手作業によって仕上げられた、

「鉄色瓦」と呼ばれるその独特な色とシワ。

その表情が月のように見える事から「TSUKI」と名付けられました。

瓦がそのまま食器に変わる

TSUKIの食器たち

瓦をそのまま食器の形にすることは、至難の技。

しかし、素の美しさを知ってほしいから、

釉薬も瓦と全く同じものを使用することにこだわりました。

凛とした表情の中に、瓦への熱量が溢れでる逸品たち。

職人たちの本当に伝えたい気持ちが形になりました。

見方を変えると面白い

TSUKIのボウルを近くで見ると

一枚一枚、手作業から生まれる安田瓦。

普段は下から眺めていますが、手元でじっくり見ると、

丁寧に作られていることがよく分かります。

青空のもと、鉄色に光る瓦屋根。

なんとも贅沢な風景であることに気づかされました。

TSUKI

ボウル 120

5,724円 (税込/送料別)

丸三安田瓦のシリーズ

関連するブランド

BAR BAR

BAR BAR

「BAR BAR」は既存の枠にとらわれない、自由なものづくりを展開する陶磁器ブランド。職人の技術とデザインで、現代の食卓にアプローチする波佐見焼のメーカー・マルヒロが手がけています。

ササゲ工業

ササゲ工業

もう当たり前の存在となっているステンレスの加工を、 大正15年から続けているのが、ササゲ工業。 その長い歴史とともに積み重ねてきた、技術力を存分に発揮して、今現在も私たちの生活を支える製品を作り続けています。

1616 / Arita Japan

1616 / Arita Japan

「1616 / Arita Japan」は、有田焼の歴史を未来へと繋ぐ陶磁器ブランドです。400年に及ぶ伝統を踏襲しながらも、従来の有田焼とは異なるデザインアプローチを展開。多様に変化した現代の食生活を柔軟に溶け込む、新しい有田焼を提案しています。

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)