0

廣田硝子

昭和モダン珈琲タンブラー(クリア / アンバー)

昭和モダン珈琲タンブラー(クリア / アンバー)の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(クリア)の手持ちのサイズ感の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)の手持ちのサイズ感の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(クリア)の底面の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)の底面の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(クリア)と化粧箱の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)と化粧箱の商品写真
昭和モダン珈琲タンブラー(クリア / アンバー) 廣田ガラスブランドロゴの商品写真

昭和の香り漂う、アイスコーヒーの相棒

どこか懐かしさを感じるシルエット。深みのあるべっ甲色と、澄み渡ったクリア。手に持てば感じる、ガラスの厚みによる心地よい重量感。

アイスコーヒーを淹れて、ちょっと一息。「昭和モダン珈琲」は、そんなひと時をちょっと特別にしてくれるグラスです。

このグラスは、東京で最も歴史あるガラスメーカー 廣田硝子が、かつての喫茶店で定番だったカフェグラスを復刻したもの。現代に蘇った昭和時代の定番グラス。その魅力的な佇まいや復刻までの物語、そこに注ぎ込んだ廣田さんのこだわりについてご紹介します。

廣田硝子コーディネート 昭和モダン珈琲タンブラー(クリア)とコーヒーの使用例の商品写真

どこか懐かしさを感じるシルエット

このグラスを初めて見たとき「うん、その名の通り”昭和モダン”って感じだな」という感想を抱いたのですが、それと同時に「うん、”昭和モダン”ってなんだっけ?」という疑問も浮かんできました。

意味を調べると、

しょうわモダン【昭和モダン】- 昭和時代の初めの1930年代に花開いた、和洋折衷の近代市民文化のことである。

とのこと。

なるほど、このグラスのすっと伸びたボウル部分はシンプルで日本らしく、かつ足の部分のギザギザとした装飾はどことなく洋風な印象。その二つの要素のバランス感が”昭和モダン感”であり、このグラスを見たときに感じる懐かしさの要因なのだ、と勝手に納得してしまいました。

昭和モダン珈琲脚昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)の底面の商品写真

サイズ感と丈夫さが普段使いにも最適

サイズは2種類あり、ワイドなタンブラーは220mlで、縦に長いグラスが300m。カラーも2種類で、それぞれアンバーとクリアがあります。

アンバーはレトロ感をたっぷりの優しいべっ甲色。クリアは耐熱ガラスになっているため、氷をたくさん入れて熱々のコーヒーをかける、という正式なアイスコーヒーの作り方を楽しむことができます。

廣田硝子昭和モダン珈琲昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)の手持ちのサイズ感の商品写真

普通のアイスコーヒーでも、このグラスに入れればなんだか喫茶店で飲んでいるような気分になるから不思議なもの。

300mlは普通のコーヒーカップの約1.5倍なので、氷をたくさん入れてもまだ余裕があるサイズ感。上にアイスクリームを載せて、おまけにチェリーも...なんて楽しみ方もできちゃいます。

昭和モダン珈琲アンバー 昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)とコーヒーの使用例の商品写真

220mlは普段使いにちょうどいい大きさ。机の上でどっしりと構えてくれる感じが頼もしいですよね。女性の手にはちょっと太いかな、という印象もありますが、脚のクビレがあるので持ちやすいのも好ポイントです。

ガラスが厚めなので、神経質にならずに使えるというのも嬉しいところ。さすがは喫茶店で使われていただけある、といった感じ。毎日でも使いたくなるデザインに、毎日の使用に耐えられる丈夫さを兼ね備えたグラスなんです。和洋折衷な雰囲気なので、御茶請けが洋菓子でも和菓子でも使えるのも嬉しいですね。

昭和モダン珈琲飲み口 昭和モダン珈琲タンブラー(アンバー)と化粧箱の商品写真

歴史ある廣田硝子だからこそ実現した復刻

「昭和モダンコーヒー」を製造している廣田硝子は、1899年に創業した東京で最も歴史のある硝子メーカーの一つです。

江戸切子・江戸硝子という古くからある東京のガラス食器の技術承継や、効率にとらわれないものづくりという考えのもと、大量生産型ではなく手作りにこだわった製品を生み出しています。

昭和モダン廣田硝子ロゴ

この「昭和モダンコーヒー」も、蔵の中で眠っていた昭和当時の型を発見し、当時の製法を再現して完成しました。ただ単に「昭和っぽい」のではなく、本物の昭和デザイン。説得力が違います。

昭和にタイムスリップしたかのようなコーヒータイムを

「昭和モダンコーヒー」の魅力をまとめると、

1.シンプルなのに懐かしいレトロデザイン

2.丈夫で使い勝手がいい

3.老舗の技術で復刻した、”本物の”昭和モダン

というところ。

レトロなテイストのアイテムは多かれど、当時の型を使用した、という製品はそうお目にかかれません。まるでその時代の息遣いまで伝わってくるようなグラスで、昭和時代にタイムスリップしたようなコーヒータイムを過ごしてみませんか?

商品の購入

  • 昭和モダン珈琲タンブラー クリア

    ラッピング不可

    昭和モダン珈琲タンブラー クリア

    2,750円(税込/送料別)

    1

    最短12月2日に発送

  • 昭和モダン珈琲タンブラー アンバー

    ラッピング不可

    昭和モダン珈琲タンブラー アンバー

    2,750円(税込/送料別)

    1

    最短12月2日に発送

詳細情報

サイズ:幅8 × 奥行8 × 高さ10.2 cm
容量:220ml
材質:硝子
生産地:東京都墨田区錦糸

[×]食器洗浄機
使用上の注意

手仕事で作られているため、気泡や歪みやムラ、擦れなどがある場合があります。製品の個性としてお楽しみください。

クリアのみ耐熱性となっております。アンバー色は耐熱ではありませんので予めご了承下さい。

食洗機、食器乾燥機ではご使用いただけません。

ブランドについて
廣田硝子のブランドのロゴ

廣田硝子

「廣田硝子」は1899年に創業した東京で最も歴史のある硝子メーカーの一つ。江戸切子・江戸硝子という古くからある東京の硝子食器の技術承継や、効率にとらわれないものづくりという考えのもと、手作りにこだわった製品を生み出しています。

アイテム評価

この商品に寄せられたお客様の声はまだありません。

レビューをするためにはログインが必要です。

こちらもおすすめです

送料/発送
CRAFT STOREよりお届けします。
送料(全国共通)660円
※合計8,800円以上の購入で送料無料。
製造元の在庫状況によりそれ以上お時間を頂きそうな場合は、別途ご連絡させていただきます。
お届けについて
配送 配送方法は以下の通りございます。 CRAFT STOREよりお届けいたします。 発送日の目安について 期間を要する商品については、商品ページにて発送日の目安を記載しております。 生産状況・欠品等の理由で発送日の目安を超えてしまう場合、CRAFT STOREよりご連絡いたします。 長期休暇の配送について 長期休暇(年末年始、GW、お盆)の配送およびご注文の対応につきましては随時お知らせを出しておりますのでそちらをご覧ください。 包装 化粧箱、破損防止の包装をして発送いたします。
お支払いの方法

「クレジットカード決済」、「コンビニ支払い」、「後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)」、「Amazon Pay」、「代金引換」の6種類からお選びいただけます。

クレジットカード決済

後払い

決済手数料:330円(税込)
お支払いの方法の詳細についてはショッピングガイドをご参照ください。

電子マネー決済

代金引換

決済手数料:330円(税込)

× 閉じる

商品をカートに追加しました

この商品は予約販売の商品です。通常の商品と一緒にご購入できませんのであらかじめご了承ください。

× 閉じる

予約販売商品のご購入は
会員登録が必要です。

× 閉じる

商品をカートに追加できません

通常商品と予約販売商品は同時に注文することができません。お手数ですがいずれかの商品をカートから削除するか、一方の商品のご購入を完了された後に再度ご注文をお願いいたします。

×

おまとめラッピング

こちらの商品につきまして、おまとめラッピングのみ対応可能です。単品でのラッピングはできかねますので何卒ご了承くださいませ。

×

おまとめラッピング

こちらの商品につきまして、おまとめラッピングのみ対応可能です。単品でのラッピングはできかねますので何卒ご了承くださいませ。