カテゴリ
CRAFT STORE
夏季休業のお知らせ+台風10号影響のお知らせ
コラム記事

アイス専用の「瓦」って?冷たいが続くヒミツのカップ|阿賀野瓦器実験室

Thumb my 74

冷たいが続く「瓦」から生まれたうつわ

冷たさが一番大事な食べ物といえば、何と言ってもアイスです。「冷たさ」と「甘さ」の刺激を同時に受けられるアイスの美味しさ。

しかしぬるくなってしまうと、溶けて食感が変わってしまうだけでなく、味覚的により甘ったるいと感じるようになってしまうのです。

「阿賀野瓦器実験室 アイスカップ」は瓦と同じ素材でできており冷たさをキープしてくれるので、焦らずに最後のひとくちまで「美味しい」が続きます。

またアイスカップが活躍するのは、デザートだけではありません。

料理の「あたたかさ」はみなさん気にするものですが、「冷たさ」にはあまり気を配ったことがないのではないでしょうか。

暑い夏には、冷製のお惣菜が1品あるだけでも食欲が回復してくれるもの。

すくいやすくて、持ちやすい。口当たりまでいいカタチ

アイスカップは急な立ち上がり。とろりと溶け始めたアイスも逃さず、スプーンですくい上げやすい設計になっています。

また「阿賀野瓦器実験室(あがのがっきじっけんしつ)」というブランドネームのとおり、実験室にあるビーカーのフォルムを随所に取り入れてデザイン。

このカーブが指にぴったりフィットします。

屋根から食卓へ。地産地消の米からできた色合い

アイスカップは新潟県阿賀野市、中でも瓦の産地として有名な安田という地域で生まれました。

この土地に開窯した丸三安田瓦工業は、およそ40年にわたり瓦をつくり続けています。

この器は、屋根瓦と同じ素材で出来ており、冬の寒さにも耐えられるよう固く焼き締められています。

そのため温度を保つ力、言い換えると保冷性が高いのが特徴です。

新潟といえば米どころ。同じ阿賀野市内のコメ農家である「やまびこ農産」さんの米を収穫した後に残った藁を使い、うつわの質感や色を決める釉薬を作っています。

選べるカラーは2色

ホワイトは、米わらから作った「阿賀野藁灰釉」をつかい、酸化焼成で焼き上げました。アイスのような、とろりとしたホワイトです。

グレーは、米わらから作った「阿賀野藁灰釉」に瓦と同じ「鉄色釉」を混ぜ、瓦と一緒に還元焼成で焼き上げました。

繊細な表情の、すこし緑がかったグレーです。

クラウドファンディングで先行販売中

2019年9月30日までの期間限定でクラウドファンディングを実施中。

リターンのお届けは10月末頃、一般発売は10月1日を予定しているとのこと。

プロジェクトページはこちら

一般発売価格も2,500円(税別)とお求めになりやすい価格なのも嬉しいですね。アイスクリームスプーンとセットで揃えたいアイテムです。


TSUKI カップ
TSUKI カップ
2,376円(税込/送料別)〜


アルミ アイスクリームスプーン
アルミ アイスクリームスプーン
972円(税込/送料別)
人気コラムランキング
人気商品ランキング

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-16:00
(土日祝を除く)