0

ビールが何倍も美味しくなる…!ビールグラスの選び方とオススメのグラスを紹介

ビールが何倍も美味しくなる…!ビールグラスの選び方とオススメのグラスを紹介

疲れた日の最初の一杯は生ビール、という方も多いはず。居酒屋で飲む生ビールは泡がきめ細やかで、喉越しも最高ですよね。

おうちでも同じ味わいが楽しめたらいいのにな、なんて思ったことはありませんか?そんな皆さんのために、もっと手軽にビールをおいしくする方法をご紹介します。

ビアグラスでビールは何倍もおいしくなる

ビールを飲むときに普通のコップで飲んでいるという方は、まずビアグラスにこだわってみましょう。

ビアグラスはその名の通り、「ビールを飲むためのグラス」です。ビールをおいしく飲めるように設計されています。

では、たくさんあるビアグラスの中で、何を基準に選んだらいいのでしょうか。

ポイントの一つは“素材”です。

保冷なら金属

錫のビアグラスとビール

ビールはやっぱりキンキンに冷えた状態で飲みたいですよね。飲んでいるうちに手の温度や室温でどんどんぬるくなってしまうことも。

最後まで冷たさをキープしたい!という方には、熱伝導率の高い金属のビアグラスがおすすめです。

ステンレスやチタンなど、金属にもいろいろありますが、今回は錫のタンブラーに焦点を当ててみましょう。

なぜ錫なのか。それは熱伝導性以外にも良いところがあるからです。

錫のビアグラス

高い熱伝導率のおかげで、冷たいビールを注いですぐに飲み口まで冷たくなり、キンキンが持続します。

また、錫には水質浄化作用があり、そのおかげでビールの味がまろやかになるのです。注ぐだけで味が変わるなんて、まさに魔法のようですね。

さらに、内側にある独特の凹凸によって、きめ細かい泡をつくることもできるのです。

高価な錫100%のグラスで、いつものビールをちょっと贅沢にしてみませんか?


ビアカップ
ビアカップ
6,160円(税込/送料別)〜

ソレイユ タンブラー トール
ソレイユ タンブラー トール
8,250円(税込/送料別)〜

泡重視なら陶磁器

きめ細やかな泡は、ビールの大きな特徴でもあります。ビールの香りを閉じ込めるという役割も持ち、口当たりも柔らかくしてくれますから、ビールには欠かせません。

が綺麗にできる素材の秘密は陶磁器の肌触りに関係していました。

さわってみるとわかるのですが、陶磁器の表面は少しざらざらしています。それが細かな泡をつくるポイントなのです。

ビールの泡を一番重視する方は、陶磁器のグラスも検討してみてはいかがですか?



見た目から楽しむならガラス

ガラスのビアグラス

黄色と白の層が美しいのもビールの味ですが、金属や陶磁器のグラスだと残念ながら見ることはできません。

見た目からビールを楽しむ派にはガラスが良いでしょう。注ぎながら泡の調節などができるのもメリットですね。

Sghrのビアグラスはちょっと個性的ですが、とても美しいグラスです。

味と香りを2度楽しめる、ということをテーマに作られた「nido」と、飲み口の方向で味わいが変化する「likka」。

どちらもビール好きには是非使ってほしいグラスです。


ザ・ビアー nido
ザ・ビアー nido
3,300円(税込/送料別)

ザ・ビアー likka
ザ・ビアー likka
3,520円(税込/送料別)


上記2つのビアグラスをつくるsghrからは、他にもビールを美味しく楽しませてくれるグラスが揃っています。

底にかけて広がる形が特徴の「富士山グラス」は「日本の新しいおみやげ」というテーマから生まれました。

その名の通り、ビールを注ぐと表情豊かな富士山に。ビールの種類を変えれば赤富士や黒富士も楽しめますよ。


富士山グラス
富士山グラス
4,154円(税込/送料別)

これで完璧 最高の注ぎ方

器がよくても、注ぎ方が雑であればビールの味わいを台無しにしてしまいます。ちょっとめんどくさいと思うかもしれませんが、3度注ぎが良いとされています。

1回目は泡をわざと立てるくらい勢いよく、グラス一杯まで注ぎます。少し待ってから2回目です。優しく、泡がこぼれない程度まで注ぎ足していきます。

また少し待ってから、3回目。ゆっくりと優しくラストスパートです。泡がコップより少し上に上がってきますが、もうこの状態までくれば、こぼれずに保ってくれるはずです。泡:ビール=3:7を目標に注いでみてくださいね。

ちなみにこのコップは、樹脂から生まれた「CASUAL DISH」。ビールの細かな泡も鮮やかな色もきれいに見える、ガラスのような透明度が素敵です。

落としても割れない素材なので、外でお酒を美味しく飲みたい!という方に使っていただきたいアイテム。ワイングラスもご用意しています。


CASUAL DISH タンブラー/ワイングラス
990円(税込/送料別)〜

これでビールが簡単においしくなる

自分が好きなビールと、ちょっと贅沢なビアグラスで、丁寧に3度注ぎをすれば今までのビールがもっともっとおいしくなりますよ。

毎日の疲れをゆっくり癒す時間に、ぴったりですね。明日からぜひ実践してみてください。

こちらのコラムもおすすめです