1/18(金)にサイトリニューアルオープン!

杉の木クラフト

「杉の木クラフト」は、"杉"という素材の持つ魅力を活かしたものづくりを展開する作り手。削る音、曲げる音、刷り込む音など様々な音に彩られた工房から、温もり溢れる製品を生み出しています。

杉の木クラフト 「杉の木クラフト」は、"杉"という素材の持つ魅力を活かしたものづくりを展開する作り手。削る音、曲げる音、刷り込む音など様々な音に彩られた工房から、温もり溢れる製品を生み出しています。 サムネイル画像の説明

自然にかこまれ、素直に作る

作業中の職人さん

豊かな自然にかこまれた、福岡県糸島市の「杉の木クラフト」。

そこで杉の木を生かしたものづくりをする溝口伸弥さんは、

優しさの中に芯の強さを感じる作り手さん。

福岡で「博多曲げもの」の職人さんに弟子入りし、

曲げわっぱの技術を会得しました。

削る音、曲げる音、刷り込む音など様々な音に

彩られたその製造工程は、まるで杉と対話しているかのよう。

弁当箱の製造過程

天然なものを使うのは、自然なこと。

そんな素直な考え方が根底にあります。

だから、接着剤も全て自然のものを使用。

そもそも曲げわっぱとは?

お弁当箱のアップ画像

無駄なことはしない

うるしの弁当箱につめたお弁当

「多様な特徴を持つ杉への興味はより深くなり、

それを生かしたものづくりが益々面白くなっています。

そして杉で出来ることがまだたくさんあることにも気づき、

ものづくりの幅も広がっています。 」

杉を扱い続けることで、素材の性質や特徴、

品種の違いによる詳細な部分までも熟知してきた溝口さん。

ルックスありきではなく、素材の特性から生まれるデザイン。

本当に使えるものを作り続けています。


曲げわっぱ(まげわっぱ)とは、スギやヒノキなどの薄板を曲げて作られる円筒形の箱のこと。

その歴史は奈良時代まで遡り、お弁当箱や茶筒など、日用品として愛されてきました。

うるしの弁当箱

杉の木クラフト

うるしの弁当箱(ふつうサイズ)

4,860円 (税込/送料別)


   

下段にはご飯、上段にはおかずを入れる。

たくさん食べたい男性にぴったり

  

家族で食べたいものを詰めてシェアしても良さそう

うるしの弁当箱(二段)

杉の木クラフト

うるしの弁当箱(二段)

8,640円 (税込/送料別)


   

両手におさまる正方形サイズができました。

ちょっと小腹が空いた時やお子さん用に使えそう。

  

お客様の要望で生まれたお弁当箱。

うるしの弁当箱(正方形)

杉の木クラフト

うるしの弁当箱(正方形)

4,860円 (税込/送料別)

杉の木クラフトの商品

関連するストーリー

読むストーリー Thumb mitsukoshi 3 2 お知らせ|CRAET STORE体験型ストアのレポート

一週間に渡って開催した CRAFT のポップアップストア「コトで感じるモノの魅力」。イベントの模様をお伝えします。

読むストーリー Thumb suginoki thumbnail 友達へのギフトにおすすめな和風のお弁当箱

大切なお友達へのギフト。何をプレゼントしようかなかなか決まらなくて悩んでしまうあなたにおすすめ

読むストーリー Thumb thumb suginoki re 03 杉の木クラフトが提案するはじめてにおすすめの「木の弁当箱」

「杉の木クラフト」による曲げわっぱのお弁当箱。日本人の暮らしに最も近い存在の木の一つともいえる、杉の木でできたお弁当箱

読むストーリー Thumb img 3648 食卓を温かくする、木目が活きたテーブルウェア

温もりを感じることができる「木」の素材でできたお碗やコップなどを取り入れてみることをオススメします!

関連するブランド

角田清兵衛商店

角田清兵衛商店

七代に及ぶ歴史をもつ「角田清兵衛商店」。良質な木材の産地として知られる紀州から、伝統を守りつつ現代の生活に調和する器を発信しています。

漆屋はやし

漆屋はやし

伝統工芸士に認定されている「漆屋はやし」の林克彦さん。伝統的な技術を用いて、現代のライフスタイルに沿ったうつわを提案しています。紀州漆器に宿る"用の美"の精神にもとづき、実用的で美しいものづくりを展開しています。

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-16:00
(水・土日祝を除く)