15,000円以上で送料無料

織田幸銅器

まさにモノづくりの町といえる高岡で、昭和46年に創業されたのが織田幸銅器です。長い歴史と、確かな技術力を持つ織田幸銅器の中で生まれた、「R&W」というオリジナルブランド。より私たちに近い場所から、銅器の良さを発信し続けています。

歴史あるモノづくりの町 高岡で

約400年前から、富山県高岡市では鋳物の生産が盛んでした。

高岡銅器は、5つの富山県の伝統工芸品の一つです。

1611年に加賀藩主前田利長が高岡城に、鋳物師を呼び寄せたことが

高岡銅器の発展の始まりでした。

今では伝統的工芸品に認定されています。

モスコミュールカップ(マットタイプ)の裏側

伝統的工芸品としての銅器

伝統的工芸品に認められるためには、5つの条件があります。

①主として日常生活で使用する工芸品であること。

②製造工程のうち、製品の持ち味に大きな影響を与える部分は、手作業が中心であること。

③100年以上の歴史を有し、今日まで継続している伝統的な技術・技法により製造されるものであること。

④主たる原材料が原則として100年以上継続的に使用されていること。

⑤一定の地域で当該工芸品を製造する事業者がある程度の規模を保ち、地域産業として成立していること。

(経済産業省 日用品・伝統的工芸品 http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/mono/nichiyo-densan/index.html)

見てみると厳しいですよね。

これらの条件を満たした高岡銅器が、どれほどすごいものなのか、わかっていただけたと思います。

もちろん、②で規定されているように、銅器の仕上げや着色は手作業で行われています。

つまりあなたの手もとに届く、銅器は唯一無二のカップになるのです。

モスコミュールカップ(マットタイプ)とそのロゴ

シリーズ紹介

柔らかくオレンジ色に輝く銅器を作り続ける織田幸銅器。

当店では、その中のオリジナルブランド、R&Wのモスコミュールカップを取り上げたいと思います。

さっぱりとした発泡系のカクテルである、モスコミュール。

実はこのカクテル、本式では銅のカップで提供されるようです。

モスコミュール用のグラスなんてちょっと珍しい。

おうちに人を呼んで、おいしいモスコミュールとおつまみを作ってあげる、なんていうのもなんだかおしゃれで、ツウっぽいですよね。

モスコミュールカップ(マットタイプ)が食卓にある様子

静かに輝く銅のカップで

ギラギラしていて派手すぎるのはちょっと使いづらい。

かといって、何も主張がないカップもつまらない。

銅器のカップは存在感があるのに、うるさくない、

ちょうどいいカップです。

毎日の生活の中でささやかに輝き続ける銅器を、

おうちに迎えてみてください。

モスコミュールカップ(槌目タイプ)を手に持っている様子

織田幸銅器のシリーズ

関連するブランド

相和シボリ工業

相和シボリ工業

神奈川県川崎市の相和シボリ工業。ヘラ絞りの技術を活かしたものづくりを行なっています。創業から30年以上経っている老舗の工房。

マクルウ

マクルウ

「マグネシウムの新たな世界を切り拓く」を理念に設立された「MACRW」は近年、軽量化のニーズを捉え、マグネシウムの加工や製品企画を手がけています。

能作

能作

「能作」は高岡の地に400年伝わる鋳造技術を用い、困難とされてきた高純度の錫を使った製品を展開。"柔らかい"という特徴を活かした、アイデアあふれる製品が世界から注目されています。

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)