新商品入荷中!

特集 Thumb den

燻製器に高級紙メモまで…日本のいいもの4ブランドが新登場

8月も終わりにさしかかり

平成最後の夏が終わろうとしていますね。

今年は特に暑かった……。

気温が40度を超えたときには

身の危険を感じるほどでした。

さて、前置きが長くなりましたが

季節はこれから秋!

新しい季節のはじまりに

CRAFT STOREでは

4ブランドが新たに追加されました。

新潟県にあるAUXのお鍋をはじめとするキッチンツール

富山県高岡市のobil カッティングボード、そしてモダンな漆器

東京新橋の老舗印刷所の美しいノート…

全国各地を旅して見つけた

”日本のいいもの”を早速ご紹介していきます。

ふかふかのパンケーキを焼きたい

ameiroのフライパンやお鍋集めたらどんなに素敵だろう!

新潟燕三条のキッチン用品メーカーAUXのお取扱がはじまりました。

apeluca シリーズはテーブルに置けるサイズの燻製器。

これでキャンプがしたい…

家でも燻製料理が食べられます。

ameiroシリーズは使うほどに飴色になるフライパン、卵焼き器、両手鍋がラインナップ。

販売中のアイテム

ameiro

オークス株式会社

美味しさの秘密はツールから

ブランド詳細はこちら

「顔を見ればわかる」ってよく聞くけれど

ひとめみて、ただモノじゃないなと思わせるobil

カッティングボードはじめて目にした木の面

表面に彫刻をした上から漆を塗るという

富山県の高岡市に伝わる伝統工芸の技法

『彫刻塗 』によって独特の風合いを醸し出しています。

水の流れや雲の流れを表す彫刻はずっと眺めていたくなる逸品。

販売中のアイテム

OBIL

アルベキ社

絵になるってこういうこと

ブランド詳細はこちら

漆とガラスのちょっといい関係

「こんなモダンな螺鈿細工はずるい…」

青貝の殻の内側の、真珠色の光を放つ部分を薄く切って、漆器などの表面にはめこみ装飾とした螺鈿。

螺鈿 (らでん)って雅な美しさのイメージがあったので初めて見たときは驚きました。

天野漆器は富山県高岡市にあります。

高岡漆器 は江戸時代の初めに加賀藩主 前田利長が高岡城を築いた際に武具や箪笥、膳などの生活用品を作らせたことが始まり。

CRAFT STOREでは高岡漆器を現代に伝える天野漆器から、DENと螺鈿硝子のお取扱がはじまりました。

販売中のアイテム

DEN

天野漆器

大事につかいたくなる

ブランド詳細はこちら

横顔が美しいノート

KUNISAWAは1971年新橋(東京)創業の印刷会社、河内屋がビジネスアスリートにむけた新ブランドです。

こだわりは「フールス紙」

英国人作家コナン・ドイルの推理小説、「シャーロックホームズシリーズ」の中で登場する「フールスキャップ」という紙がルーツと言われ印刷のためでなく、書くためにこだわった高品質の紙です。

一般的な上質紙よりも丁寧に手間をかけて作られます。

CRAFT STOREでは

FINDNOTE

FINDBLOCKMEMO

のお取扱がはじまりました!

販売中のアイテム

KUNISAWA

株式会社 河内屋

i do not seek, i find 「私は捜し求めない。 見出すのだ」 by Pablo Picasso

ブランド詳細はこちら

以上、今回新たにCRAFT STOREに追加された4ブランドについてご紹介してきました。

これからも続々と新アイテムが登場予定です。

▶新アイテムはこちら

全国各地の”日本のいいもの”をみなさまにお届けしていきますのでぜひチェックしてみてください。

関連タグ

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb img 0177 一緒につかえる「日本のいいもの」をプレゼント!

9月28日から1週間送料無料キャンペーンも

読むストーリー Thumb hasami head 有田から波佐見へ…はじめての陶器市・陶器祭り~後編~

いままでの人生の旅史上トップ3入りするくらいとにかく最高だった

読むストーリー Thumb head お宝発掘で大興奮!はじめての陶器市・陶器祭り~前編~

いままでの人生の旅史上トップ3入りするくらいとにかく最高

読むストーリー Thumb sghr キラキラ輝くグラスの秘密に迫る…菅原工芸硝子の工場見学へ行ってきました

千葉の夢の国はここにもあったんですね…!

読むストーリー Thumb den 燻製器に高級紙メモまで…日本のいいもの4ブランドが新登場

ワクワクすることがしたいなら

読むストーリー Thumb moku plate pt はじめてのお買い物ガイド【テーブルウェア編】

お気に入りがあるって豊なこと。