カテゴリ
CRAFT STORE
ブランド紹介

「彫刻塗」は富山県の高岡市に伝わる伝統工芸の技法。 それは木などの表面に彫刻をした上から漆を塗るというもの。 Obilはその技法をテーブルウェアに活かした「生活にアクセントを加える」ブランドです。

アルベキ社

富山県高岡市にあるアルベキ社。 彫刻塗師三代目の山村氏が創業した会社で、「葉脈」や「雲の流れ」など、うるし商品に施されたデザインと彫刻塗、和紙貼などの技術を組み合わせた「美しい」商品を作っています。
 そんなアルベキ社から「OBIL」は生まれました。


「生活にアクセントを加える」がコンセプト。 お皿やカッティングボードに代々伝わる彫刻を施し、「水の流れ」など和の独特のテクスチャー(模様)を表現しています。

二つの彫刻と技法の組み合わせ

アルベキ社では二つの彫刻を使っています。
サインや看板などの切文字によく使われる技法で、筆の流れ、かすれ、濃淡などを彫刻塗りで表現する造形彫刻。
木地の表面に凸凹を作り、柄物やテクスチャーを作る描写彫刻。




そんな二つの彫刻に加え、木地表面に和紙を貼り、塗り重ねて埋める「和紙貼」や色を重ね塗りした後に研いで下の色を出す「研ぎ出し」、木地表面に布を貼り、塗り重ねて埋める「布貼」など、伝統技法を活かすことで商品に独特の表情を持たせています。

食材を魅せる「ボード」

アートのように食事を際立たせてくれる「ボード」

食卓をアート作品のように

伝統工芸は「和」。 そんなイメージがあるかもしれませんが、obilのカッティングボードは和食や洋食など幅広く活用ができ、食材や料理を立体的に、食卓をアートのように演出してくれます。 テーブルやテーブルクロスの素材や色にも馴染むので、様々な組み合わせで楽しんでみてください。

「OBIL」はそんな伝統の技術を活かした食卓を豊かに演出してくれる商品をお客様にお届けしています。

オススメブランド
廣田硝子

廣田硝子

「廣田硝子」は1899年に創業した東京で最も歴史のある硝子メーカーの一つ。江戸切子・江戸硝子という古くからある東京の硝子食器の技術承継や、効率にとらわれないものづくりという考えのもと、手作りにこだわった製品を生み出しています。

トーダイ

トーダイ

伝統的な地場産業を継承する「燕三条」という土地でその名を馳せる「トーダイ」。世界が求めるニーズと最先端の技術を結集した製品を生み出し続けます。

えこびと農園

えこびと農園

人の暮らしを支える住宅資材・建材から食品開発や生活雑貨の生産まで、幅広い事業を手掛ける「株式会社中村」。 2017年に株式会社中村から「えごま」を使用した製品を手掛ける「えこびと農園」がスタートしました。 「おいしい&ヘルシー」をコンセプトに天然素材の魅力と特性を活かし、心にも体にも優しい製品を作っています。

人気商品ランキング
人気コラムランキング

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-16:00
(水・土日祝を除く)