ブランド紹介

丹波スタイル

新たな丹波焼の可能性を探る「Tanba style」。伝統工芸品の”高級そう、とっつきにくい”などのイメージを払拭すべく立ち上がった、窯元有志たちによるブランド。

丹波焼リバイバル

丹波焼の新たな可能性を探る「Tanba style」。

平安時代の終わりのころに

京都府と兵庫県との県境で生まれた『丹波焼』は、

今では日本六古窯のひとつです。

”伝統工芸品”という響きから、

”高級そう””とっつきにくい”などのイメージが強く、

現代の暮らしからは遠ざかりつつありました。

「この状況を打破したい」と願う窯元の

有志たちが集まり、一念発起。

「Tanba style」として活動をスタートさせました。

清潔感ある白に、優しい手作り感「TS White スタッキングボウル」

洋食器に宿らせる丹波の魂

具体的な活動は、『洋食器への取り組み』。

昔ながらの丹波焼に、あえて洋食メニューを盛り付ける。

それも可愛いのだけれど、雰囲気が合わなかったり、

やっぱり違和感があったりして難しい。

「作り手から洋食器にアプローチする」

そうして生まれた丹波焼は、古きよき風合いを残しつつ、

今の食卓にも簡単に取り入れやすくなりました。

量産的なデザインや、ただの模倣にならぬように、

”洋”の中にも”丹波らしさ”を追求しています。

和食器の風合いを、そのまま洋食器に「TS White リムプレート」

シリーズ紹介

ブランドは「TS」と「TS+」の2つを展開中。

「TS」は8人の職人の技術を結集させて、

『丹波焼の洋食器』のスタンダードを作り上げたシリーズ。

その理念を守りつつ、「TS+」では8人それぞれの

作家としての個性を生かしたシリーズを展開しています。

素朴で飾り気がない焼き物「TS White スクウェアプレート」

変わりつつ、変わらない

何年も受け継がれるモノには、時代に合わせて

変わりつつも、「あ。これこれ」という

変わらない価値が見える。

昔ながらの素朴さと、洋食器という新しい姿で、

唯一無二の丹波スタイルを提案し続けます。

かるい晩酌も楽しみたい方へ「TS White ビアカップ ミニ」
丹波スタイル で取り扱っている商品
オススメブランド
  • ヤマト陶磁器

    ヤマト陶磁器

    400年の歴史がある有田焼は江戸時代に佐賀県、有田で生まれました。当時は初めての国産磁器で、朝鮮から来た李参平が陶石を発見したことがキッカケで作られたと言われています。ヤマト陶磁器株式会社は大正9年に創業してから有田焼を中心に肥前地区の焼き物を販売してきました。

  • 1616 arita japan

    1616 arita japan

    菊の花びらをあしらったTYパレスプレートをはじめ、いま人気の有田焼ブランド「1616 / arita japan」は、有田焼の歴史を未来へと繋ぐ陶磁器ブランド。400年に及ぶ伝統を踏襲しながらも、従来の有田焼とは異なるデザインアプローチを展開。多様に変化した現代の食生活を柔軟に溶け込む、新しい有田焼を提案しています。

  • まるぶん

    まるぶん

    有田焼創業400年「”器”が作る食空間を提供する」を掲げる有田焼の専門商社。日々美味しいと楽しいを支える食卓をより良いものにする有田焼のテーブルウェアを提供。高品質で且つデザイン性に富んだプロダクトは必見

人気商品ランキング
人気コラムランキング

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-16:00
(土日祝を除く)