新商品入荷中!

特集 Thumb img 5225

モダンな有田焼の厳選セレクト。意外な有田焼をご紹介

モダンな有田焼

有田焼を身近に感じますか?

特集を読んで下さるあなたにはだんだんそうなっているでしょうね。

モダンで普段使いできる最近の有田焼にどんなものがあるか、見てみましょう。

ここでは厳選に厳選を重ねて選んだ商品を改めて紹介します。

カワイイ有田焼-TYパレスプレート-

こちらのプレート、なんと小物を飾るのにも使っている人もいます。シンプルで可愛らしいデザインを実現させた故の使い方です。有田の良質な土と職人の技術がうわぐすりに頼らない白磁本来の色を実現させています。

このプレートのブランド「1616/arita japan」は500円台から商品がそろっています。まさに従来の「高価で縁遠い」有田焼のイメージを払拭するモダンな一品です。

有田焼の箸置き-GOSU箸置き-

GOSU箸置き

有田焼の魅力のひとつはその繊細な色遣い。この青はその魅力を箸置きに昇華させている一品です。

こちらの一品は呉須という歴史ある染料を使っています。時季や作る職人の加減で彩りは様々に。箸を置く少しの間で、海や空の鮮やかさを思わずにいられないでしょう。

クニエダヤスエ氏の魂を受け継ぐ有田焼-正角プレート-

クニエダヤスエstyle 正角プレート

日本のテーブルコーディネートの先駆者、クニエダヤスエさん。2011年に亡くなるまで有田に通い続け、数々の名器を職人たちと共に生み出しました。

これはその中でも生え抜きの「クニエダヤスエstyle」というブランドひとつ。

4種類の色味があるので、メニューや気分に合わせてテーブルコーディネートを楽しめます。クールに引き締めてくれる紺。和食器にはめずらしい赤はモダンな北欧の演出もできます。無垢な白は載せるものを選ばず、ざらつきのある黒錆絞りはいぶし銀のようなカッコよさ。

有田焼のワイングラス-日本酒専用のワイングラス「rice wine glass」-

日本酒専用のワイングラス「rice wine glass」

有田焼は400年にわたる高度な技術もまた魅力のひとつ。「田代陶器店」はそれに更なるアレンジを加え、独創的でモダンな製品を生み出しています。

ふつう陶磁器で複雑な形を表現する場合、パーツごとに焼き上げ、繋ぎ合わせます。しかし、この「rice wine glass.」は一つの型でまるごと成型する「一体成型」。しれっと書きましたが、これ、世界初の技術です。

極薄のフチ、見た目以上の耐久性、そして、お酒の香りを余すことなく伝える造形。お酒を無上に楽しみたいあなたに最適な一品です。


クラフト独自に香りの実験しました。こちらもご参照下さい。

【検証】有田焼のワイングラス、rice wine glass.で日本酒の"香り"はどう変わる?

布の器みたいな有田焼‐ceramic mimic fabric 冷酒セット‐

ceramic mimic fabric 冷酒セット

ツルツルでぬくもりがない。そんな食器のイメージまでも変えるブランド「ceramic mimic fabric」。これは有田焼の窯元「文山」で受け継がれてきた「てびねり」という技術に磨きをかけたものです。

フチには白金があしらわれ、さりげなく気品を高めています。ここで紹介している「冷酒セット」は冷たさのキープする効果があります。お酒以外の冷たい飲み物もちょっと贅沢に楽しめますね。

有田焼の焼酎グラス-匠の蔵 至高の焼酎グラス-

匠の蔵 至高の焼酎グラス

九州の佐賀県に位置する有田。九州は焼酎へのこだわりも格別な地です。まさに焼酎のためにあるともいえるのが「匠の蔵 至高の焼酎グラス」。焼酎を楽しむための工夫が最大限に盛り込まれています。

例えば、側面の傾斜は75度です。では、なぜ75度なのでしょうか?

それは焼酎を適度に気化させ、焼酎のコク・素材の風味を最大限に味わえるようにするためです。着目したのは焼酎のアルコール度数と風味の関係。さすがのこだわりようです。

絵で魅せる有田焼‐ZOA七寸皿‐

ZOA七寸皿

「ZOA(zero origin arita)」の「ゼロオリジン」とは「原点」を意味します。古伊万里を原点とした「ものづくりの原点」に立ち返るという願いが込められているのです。7寸(直径20cm前後)なのは古伊万里の草創期に多く作られたサイズだからなんです。

ZOA の七寸皿はprimeとdailyの二種類。primeは有田焼の初期の絵柄をベースに現代の職人が総手描きで製作。dailyはパット印刷の技術を用いて、コスト性を意識しつつもモダンなアート感覚で作り上げています。dailyとprimeもそろえて、様々なシーンに合わせて使うと、とっても楽しくなります。

結びに

いかがでしたでしょうか。すでに身近になっている普段使いの有田焼たち。大切な人へのプレゼントにも最適。そんなときこそ、進化したモダンな有田焼の出番です。

関連タグ

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb img 0177 一緒につかえる「日本のいいもの」をプレゼント!

9月28日から1週間送料無料キャンペーンも

読むストーリー Thumb hasami head 有田から波佐見へ…はじめての陶器市・陶器祭り~後編~

いままでの人生の旅史上トップ3入りするくらいとにかく最高だった

読むストーリー Thumb head お宝発掘で大興奮!はじめての陶器市・陶器祭り~前編~

いままでの人生の旅史上トップ3入りするくらいとにかく最高

読むストーリー Thumb sghr キラキラ輝くグラスの秘密に迫る…菅原工芸硝子の工場見学へ行ってきました

千葉の夢の国はここにもあったんですね…!

読むストーリー Thumb den 燻製器に高級紙メモまで…日本のいいもの4ブランドが新登場

ワクワクすることがしたいなら

読むストーリー Thumb moku plate pt はじめてのお買い物ガイド【テーブルウェア編】

お気に入りがあるって豊なこと。