ブランド紹介

自然の中で感じたものを、かたちにするものづくり|西山 奈津

益子焼の若手作家として、国内外で注目を集める西山 奈津(にしやま なつ)さん。土や釉薬の素材からこだわったものづくりで、自然の色鮮やかな風景を思わせるうつわがつくられています。

江戸時代から人々に寄り添う益子焼

栃木県中央東部に位置する芳賀町。自然豊かな場所で益子焼をつくっているのが西山奈津さんです。

益子焼は江戸時代の終わりから続く歴史ある焼き物。現代でもベテランから若手まで多くのつくり手が集まっており、伝統を受け継ぎつつも現代に馴染むデザインで人気の産地です。

ぽってりとした土の質感と素朴でやわらかな雰囲気をまとっており、食卓にあたたかな印象を与えます。

自然にインスパイアされた作品たち

西山奈津さんのつくる益子焼は、海や森、空を思わせるような鮮やかで深い色合いが特徴。素材から生まれる表情を大事にしたものづくりを続けています。

四季折々で変化する自然の表情にインスピレーションをうけてつくられたうつわは、土と釉薬が色や質感を引き立てあっているよう。

自然素材だからこそ表現できる力強さや、凛とした美しさを兼ね備えています。

西山奈津さんの手から生まれるうつわは、益子焼の伝統色である織部や黄瀬戸を中心に、力強い印象のある器から淡く優しい印象のものまでさまざま。

焼き締める際に変化する素材同士の調和を大切にしているからこそ、素材の良さを一番引き出せるのです。

最後の弟子としても知られる西山奈津さん

もともとは演劇の世界を目指していたという西山奈津さん。彼女の人生を変えたのは、益子で初めて桃山陶に取り組んだと言われ、海外でも評価されている陶芸家・高内秀剛氏との出会いでした。

高内秀剛氏のもとで6年間の修行を経て独立し、現在は個人作家として活躍する傍ら、パートナーでもある陶芸家の小林雄一氏と「N.K CERAMICA(エヌケーセラミカ)」というブランドも立ち上げています。

支え合ってものづくりを楽しみながらも、お互いの作風や感性はそのままに。「現代の食生活にあう食器」をテーマにつくるうつわは、ぬくもりのある表情と色合いが多くの食卓に選ばれています。

西山 奈津 で取り扱っている商品

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINEで相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-18:00
(土日祝を除く)