0
3rd ceramics

3RD CERAMICS

3RD CERAMICS(サードセラミックス)は、美濃焼の産地として知られる岐阜県は多治見市の作り手。土井 武史さんと長屋 有さんのお二人で活動されています。



多治見駅にほど近い、一見すると工房があるとは思えない一角に3RD CERAMICSはあります。工房として使う建物も、もとは住居を兼ねた飲食店だったのだそう。ろくろや釉薬、試作品が並ぶ様はさながら陶磁器のラボのようでした。




「作家でも、メーカーでもない」

長屋さんと土井さんは、多くの作家を輩出する「多治見市陶磁器意匠研究所」で出会い意気投合。「陶芸作家」という響きに、なんとなくしっくりこなかったのだそう。試しに何かはじめてみよう、というところからスタートし9年。3RD CERAMICSという今の形になったのだといいます。




「この地域って、個人でやっている作家とメーカー、窯元が入り乱れているんですが、その真ん中みたいなニュアンスで量産と手作りの間を探ろうと。第3の切り口で焼き物が出来ないかなと思ったんですよね。」



いわゆる「作家もの」は形や質感を繊細に表現したり、量産では難しい表現を突き詰めたものが多くあります。3RD CERAMICSのアイテムはそれとは違い、かといって大量生産のようなカッチリと決まった形をしているわけではありません。制作と生産のあいだ、これが第三の陶磁器「3RD CERAMICS」ということです。



自らろくろを回したり、原型を手で作りつつも、量産の技術も使う。作家さんの作品ほど敷居が高いわけではなく、量産品よりも「手」を感じる。そのバランスが3RD CERAMICSの魅力なのです。



3RD CERAMICS で取り扱っている商品