ブランド紹介

プラスチックの可能性を広げる130年の技術|リングスター

「リングスター」は工事現場や建設現場で使う工具箱からアウトドアで使えるマルチケースまで、およそ130年にわたって"箱づくり”を続けてきた老舗メーカー。 使い手視点のものづくりで、安心して永く使える商品をお届けしています。

明治創業、130年の技術。

もしかすると既に「株式会社リングスター」をご存知の方、愛用しいている方、気付かずに使っている方もいらっしゃるかもしれません。それもそのはず、リングスターはおよそ130年にわたり、工具箱から様々なプラスチックケースまで作り続けてきた老舗の"箱"メーカーなのです。

創業当初は、文具や鏡などを収める木製の箱をつくる木工所。昔は大工や職人さんたちが使うツールボックスも木製が一般的でした。そんな中の60年代、リングスターはスチール製のツールボックスを国内でいち早く開発、生産を開始。

近年では昔ながらのスチールの質感を好む方もいるため、今でもスチール製のものも職人の手により一つ一つ作り続けています。

プラスチックという革命。

転機はおよそ30年前。アメリカで行われていた展示会を視察したところ、革新的なプラスチックのツールボックスとの出会い。当時のプラスチックといえばまだまだ脆く、衝撃ですぐ割れてしまうもの。それをハードに使われるツールボックスに使用するとは衝撃的なことでした。

プラスチックに衝撃を受けた先代と現代表は、自社でプラスチックの研究を開始。奈良に自社工場を新設し、世界で初めて自動車のバンパーと同じ素材によるツールボックスの開発に成功。当時国産では他の追随を許さない、圧倒的な強さのツールボックスが生まれました。

こうしてプラスチックによって工具箱は、軽さ、耐久性、使い勝手を手に入れたのです。その品質の高さが評価され、今日ではプロの方々もプラスチックを選ばれるようになりました。

これまで以上に、いろいろな人を支えたい。

130年にわたりリングスターは、現場で働く職人さんを支えてきました。

リングスターの製品の確かな堅牢性、そして品質は、アウトドアなど他の分野でも活かせるはず。Starke-Rシリーズは、末永くあなたの人生を支えるものでありたいという思いを込めて Create your Quality Life というコンセプトを掲げて生まれました。

箱とは、あくまで何かをいれるための影役者。だからこそ使う人の数だけ使い方があるものでもあります。

近年では工具箱として作ったものを釣りやアウトドアの用途として使うことなどが増えてきています。そうして新しい気づきを得ることも多々あるのが箱というものの面白さでもあるんです。


リングスターは、箱についてどこよりも考え続けてきたという自信があります。130年来つづいてきた、使い手視点のものづくり。それをいろいろな用途に広げ、続けていきたい。丈夫とは安心して末永く使えること。あなたにも安心して末永く、そして自由に使っていただけたら。それがリングスターの願いです。

株式会社リングスター

電話番号
0743-72-0125

住所
〒630−0142 奈良県生駒市北田原町1208−5

リングスター で取り扱っている商品

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINEで相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-18:00
(土日祝を除く)