false
Image  6

真南風工房

日本全国で愛される、沖縄県のやちむん。緑豊かな自然に囲まれた地でものづくりを続ける真南風工房(まはえこうぼう)から、あたたかい空気を感じる器をお届けします。



現代では沖縄でつくられた器のことを「やちむん」と表現することも多いですが、もともと“焼き物”を意味する方言なんです。

そんなやちむんの代表として、古くから愛されているのが「壺屋焼(つぼややき)」。沖縄県那覇市壺屋地区や、読谷村(よみたんそん)などで焼かれる陶器です。



海風に揺れるさとうきび畑を抜け、続日本100名城にも選ばれたことのある座喜味城に向かう途中に大西さんが営む真南風工房はあります。

急な坂の中腹にあるその工房は、黒電話に赤いポスト、昔奥様が使われていた琉球織物の道具などその空間だけ時が止まっているような、どこか懐かしいそんな素敵な空間です。



真南風工房大西さんは伝統的な材料、技術を用いて現代生活に合わせた器を作っています。細かな線彫り、繊細な唐草模様の器を始め、子ども用なかわいい絵柄の器も作られています。

真南風工房 で取り扱っている商品