×

おまとめラッピング

おまとめラッピングとは、複数購入した商品をすべてひとまとめにして、熨斗・ラッピングを施したサービスです。

×

おまとめラッピング

おまとめラッピングとは、複数購入した商品をすべてひとまとめにして、熨斗・ラッピングを施したサービスです。

×

おまとめラッピング

おまとめラッピングとは、複数購入した商品をすべてひとまとめにして、熨斗・ラッピングを施したサービスです。

RATIO

Made in 千葉

「割る」を楽しむグラス。

ユニークなガラス製品を数多く生み出すsghr(菅原工芸硝子)の、ハンドメイドのハイボールグラス「RATIO」。

RATIOは下の段々が特徴的ですが、デザインがユニークなだけではありません。ハイボールやレモンサワーなんかの、割る飲み物を作るときの割合の目安になるんです。そう、だからRATIO(比率)という名前。



自分好みの命中率があがる。

ふだん割り物を作る時、ミリリットル単位で几帳面に計る人はそういないでしょう。だいたい感覚でジャッと注いじゃったりしますけど、あれ、薄いなってなることもしばしばありますよね。

そういう時に目安があると便利。お酒の世界では「フィンガー」なんていうグラスに指をあてて簡易的に計る方法がありますが、それと同じ感覚でしょうか。 シンプルなことですが、自分好みの割合が探しやすいと同時にブレずに再現できるのは使っていて嬉しいところです。



言ってしまえば「目盛り」の機能ですが、目盛りをそのままあしらっては洒落がない。ガラスらしい綺麗なデザインに昇華したのがRATIOの形というわけですね。ちなみにおおよそですが、下から20、45、80、140mlほどの目安になっていました。

ついでにこの段は、なかなかいい具合に指にフィットするのが気持ちよかったりもします。酔っ払ってツルっといってしまう心配がないのは、地味に安心。これはお歳を召した方にも使いやすいでしょう。



一つひとつ手づくり。

sghrこと菅原工芸硝子は千葉県の、海岸にほど近い九十九里にあるガラスメーカー。大きなガラスの炉を数人の職人が取り囲んで、一つ一つ手作業で製品を形作っているのです。

このようなハンドメイドでは繊細な形が作れて、映り込みまでも美しいハリのあるグラスが出来上がります。機械生産では難しい、まさに工芸という仕上がりなのです。



sghrのアイテムにユニークなデザインが多いのは、職人さんも自らデザインされているから。RATIOをデザインされた安生さんも、自身の好みの濃さのハイボールを作りたいことから思いついたのだそうです。

RATIOも他のsghr製品と同じく、飲み口はハンドメイドらしい薄い仕上がり。飲み物がさらりと流れ込むのが気持ち良いですね。



とはいえ日常使いがしづらい薄さではありません。僕は毎日黒酢を水で割って飲むような時でも使っていますよ。お茶でもお酒でも、割るときも割らないときも使ってあげてください。

支払い方法。後払い。届いた後にお支払いできます。 CRAFT STOREオリジナル。選べるラッピング 支払い方法。AmazonPayを使えます。
こちらもオススメです

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-18:00
(土日祝を除く)