15,000円以上で送料無料

特集 Thumb img 3826

ヘラ絞り加工とは?相和シボリのタンブラー

その優しさはヘラ絞りから

カタくて、つめたい。金属ってどこか人を寄せつけない印象がありますよね。ところが、使うたびに金属の方から人に馴染んでいく、そんな優しい金属のタンブラーがあるんです。

それは神奈川県川崎市の相和シボリ工業と、富山県砺波市で活動されているデザイナー BLOCK DESIGN 山崎義樹氏が生み出したブランド Onami です。

このOnamiはヘラ絞りという金属加工の技術によって作られています。

ヘラ絞り作業工程

ヘラ絞り、製造からその活躍の場は

ヘラ絞りとは金属に圧力をかけると形が変わる塑性(そせい)という性質を利用した歴史ある加工技術です。職人の手によってしか再現できないその繊細さから機械化が難しいといわれています。

ちょっとへら絞りの手順をみてみましょう。はじめに金型をモーターが付いた「ろくろ」(へら絞り機)にセットし回転させます。そこに「へら棒」や「ローラー」を押し当てて、金型に沿わせる様に板を絞っていきます。職人の絶妙な力加減で自在に形を整えていくのは陶芸のろくろにも似ています。

へら絞りは、板を成形する加工法なので製品の軽量化・材料費の節約ができ、加工表面を滑らかで均質に仕上げることが可能です。成形可能な材料は鉄、ステンレス、アルミ、銅、真鍮、チタンなどの金属板。回転対称形ならばかなり複雑な形状でも成形できます。数ミリの小さなものから4メートルを越える大きなものまで、加工することが出来ることから、大型製品、少量生産製品、高精度製品の加工において不可欠になっています。やかんなどの生活用品からロケットの先端部分にまで需要があります。

ヘラ絞りで実際にヘラ絞りをしている作業風景

Onamiの優しさの秘密とは

Onamiの大きな特徴は模様、ヘラ目とよばれる絞った「跡」です。従来のヘラ絞りにおいて、ヘラ目は残していけないものとされていました。しかし、Onamiのデザイナー山崎氏はそのヘラ目を模様として生かすことを選びました。手仕事の風合いがシンプルながら多彩な表情の違いを生み出しています。それが使う人にとってぬくもりを感じさせ、ヘラ絞りの新しい魅力を生み出すことに成功しました。

こうして生まれたOnamiは和洋を問わずテーブルコーディネートにぴったりのシックな見た目。

底の面積は小さめで、そこから淵がクッと外側に開いています。ぱっと見ではわかりにくいですが、底から縁へ向うにつれ、徐々に板の厚みが薄くなっています。その繊細な仕上げのおかげで、安定感と美しい佇まいを両立させています。

金属製のため熱々のものを入れるのには向きませんが、冷えた飲み物を入れれば、カップの淵から直にひんやりした感触を楽しむことができます。飲み物だけでなく、ババロアやプリンなどの冷たいデザート作りにもおすすめ。淵が広がっているため、通常のカップよりもスプーンを使い易いんです。シンプルな分、使い手のアイデアを受け止めてくれる。そんな懐の深さも大きな魅力です。

Onamiヘラ絞りタンブラーの良さとやさしさの秘密

4つのカラー

そして4色のラインナップ。それぞれに思わず膝を打つ色付けの工夫が込められています。

「シルキー」はステンレスを研磨せずに酸で洗い、光沢を抑えることでヘラ目をより美しく見えるようにデザインされています。デリケートな表面は使うたびに育てていくような感覚を味わうことができます。

「クロ茶」は漆の重ね焼き付を施すことで生まれるムラが魅力。1つ1つ異なる風合いを楽しむことができます。

「ウス茶」は生漆(きうるし)を焼き付けた落ち着いた質感。生漆とは漆の樹液をろ過した精製途中の漆液のことで、自然な感じの素材感を引き立てます。マットな表面は使うたびに酸化し、革製品のように深みを増していきます。

「オハグロ」は生漆を焼き付けた上からおはぐろを焼き付けて仕上げます。明治以前の化粧の技術が、ほどよいムラ感という斬新な魅力を生み出すのに一役買っています。

従来のマイナスとされたヘラ目や傷をぬくもりあふれる模様にしたり、お歯黒という化粧の技術を活用するなど新しい美しさを提案するのがOnamiです。そこには本当によいものを届けたいという作り手のあくなき優しさがこもっています。

Onamiヘラ絞りタンブラーの4色

Onamiとの優しい生活

いかがでしたでしょうか。

使う人に馴染むあたたかみをもったOnami。長く使えば使うほど、様々な表情を見せてくれる愛らしい相棒になっていきます。冷やしておいしいお酒を嗜むのは勿論、手作りお菓子の華を添えるにふさわしい器にもなります。丈夫な金属製なので、アウトドアに持っていっても安心。飽きを感じさせない模様は使う人を穏やかで優しい心地にします。

作り手の優しさに育まれ、使うことでさらに育っていくこのタンブラー。あなたも優しい顔を見ていたいあの人にプレゼントしてみませんか?

Onamiヘラ絞りタンブラーを使ったテーブルコーディネート

関連タグ

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb craft logo thumb CRAFT STOREの新しいロゴができあがりました。

手で作ることのやわらかさ、自然さ、愛おしさをこめた新しいシンボルです。

読むストーリー Thumb about craft         6 はじめまして、CRAFT STOREです。

日本を旅するネットショップ、CRAFT STORE。

読むストーリー Thumb  r1a8129 cygne(シーニュ)がNAGAE+から新登場

富山は高岡の技術が生み出すフェイシャルセルフケアツール、まもなく。

読むストーリー Thumb thumb img 5751 【Staff-Picks】"白"アイテムで統一感を出すと、清潔感のある食卓をつくれる。

CRAFT STORE オーナーにして、自他共に認める"白好き"井手康博。来客用にぴったりな、清潔感溢れる品々をご紹介。

読むストーリー Thumb ogp 【Staff-Picks】自宅の清潔感をアップできるメイドインジャパン製品

CRAFT STORE のオーナーにして、自他共に認める"潔癖症" 井手康博。自宅を清潔に保つ、厳選の品々をご紹介。

読むストーリー Thumb sake article thumb 日本酒に合わせたグラス・酒器選び/素材による飲み口の違い

グラスの素材、形状によってお酒の味がガラッと変わります。