0

うつわ好きの食卓 Yuki Ideさん編

うつわ好きの食卓 Yuki Ideさん編

器好きのみなさんは、普段どんな器を使って、どんな食卓を囲んでいるのでしょうか。今回はCRAFT STOREオリジナルのテーブルウェアシリーズ eni のデザインを手掛けるYuki Ideさんのお宅にちょっぴりお邪魔して、お気に入りの器を聞いてみました。



つい手に取ってしまう器。

「料理の種類を問わず本当に何にでも使いやすいから、つい手にとってしまうんです」と語るのは、木村硝子店のDishes。陶芸作家であるイイホシユミコさんによるデザインで、絶妙なカラーと使いやすさから当店の他のスタッフからもとても人気の高い器です。



「毎日の食卓でメインの料理をのせる器はだいたい決まってるんですけど、そのうちの一つがDishesですね」大きさや深さがちょうどいいから、炒めものにもばっちり使いやすいのだそう。


dishes plate
2,420円(税込/送料別)〜

民芸を食卓に。

蓮根のオーブン焼きが盛り付けられているのは、当店のCRAFT市でも特集した「やちむん」です。やちむんとは沖縄の焼き物のことで、民芸的な大柄さが特徴の器。最近Yukiさんが当店から購入してくれたものです。「彩りが素朴な料理でも合わせやすくって、普段遣いしやすいのがいいんです」



シンプルな白い器も良いけど、柄ものの器は素朴な料理にこそ生きてくるものです。 考えてみれば、素朴になりがちな日常の料理を色よく「いい感じ」にみせるために作り出されたのが、昔から普段遣いされる「民芸的な器」。そういう意味で、柄にも役割があるんですよね。



唐揚げが美味しすぎてスタッフ共々一瞬で食べてしまったのですが、二回目に揚げてもらったものは別の「やちむん」に盛っていただきました。民芸らしいラフな質感は、大柄な料理にもよく合うんです。

「CRAFT陶器市 やちむん編」はこちら

サラダもプレートに。

ケールのサラダを盛り付けているのは、Hasami Porcelainのプレート。
「普段遣いにも便利なんだけど、人を招いたときの“ちょっと頑張った料理”でも映えるからいいんです」 背の高いボウルに盛りがちなサラダも、幅の広いプレートならすっきり。平らだとそれぞれがフォークでもよそいやすいのもいいところなんです。



HASAMI PORCELAIN Plate
550円(税込/送料別)〜

取皿にもこだわりを。

ターコイズブルーの取皿は、益子焼の「わかさま陶芸」のもの。青い器って使いにくそうに思えて、食材を色鮮やかに見せてくれるから意外と便利なんです。陶器らしいラフな質感もまた魅力。



プレート S - シャビーターコイズ
1,320円(税込/送料別)〜

料理に余白をつくる。

eniシリーズの新しい器「eni Rim Plate」も食卓に登場。マットホワイトのリム(ふち)が広くとられているので、料理に対しての「余白」が上品さを演出してくれます。 お箸と箸置きもeniを。マットホワイトには真鍮のゴールドが映えますね。




eni(エニ)Rim Plate ホワイト
3,080円(税込/送料別)〜


食卓ではないけれど、eni Plate プレーンが小物置きになっているところを発見。そういう使い方もありですね!



以上、今回はYukI Ideさんの食卓をちょっぴりお邪魔してみました。実は撮影後にちゃっかりスタッフ一同ごはんを頂いたのですが、いや本当に美味しかった… また次回も「うつわ好き」にインタビューしてみますので、どうぞお楽しみに!


こちらのコラムもおすすめです