0

徹底比較、うるしの弁当箱の選び方。

徹底比較、うるしの弁当箱の選び方。

CRAFT STOREがまだまだ小さなお店だったころから根強い人気を集めていたロングセラー、それが杉の木クラフトさんの「うるしの弁当箱」です。 月日は流れ、いろんな要望に合わせてサイズのバリエーションも細かく増えてきました。

そうなると、どのサイズが自分にピッタリなのか迷われる方もいらっしゃるでしょう。そこで今回はうるしの弁当箱を全サイズ集めて、大きさを比較しながら選び方のヒントをご紹介していきます。



うるしの弁当箱って?

とその前に、初めての方に「うるしの弁当箱」について簡単にご説明します。「杉の木クラフト うるしの弁当箱」は、多くの方から好評をいただいているCRAFT STOREの定番アイテム。その理由は漆の製品なのに気兼ねなく使え、シンプルなデザインでご飯がおいしいこと。

・杉がごはんの湿気を調節して、べちゃっとしにくい。

・フタを開けるとふわっと木の香り。ランチの気分が上がります。

・特別なお手入れ不要。ふつうに洗って乾かすだけ。



うるしの弁当箱は、福岡県の「杉の木クラフト」の職人さんが国産の杉を使い一点一点作っています。うるしの塗り直しや、万が一の欠けも修理してくれるから安心。永く、愛着をもって使っていただけるのです。

修理の様子はこちら「3年目のうるしの弁当箱、修理に出しました。 」

うるしの弁当箱のより詳しい特徴は、それぞれのお弁当箱のページをご覧くださいね。

うるしの弁当箱 (子ども)
5,500円(税込/送料別)〜

うるしの弁当箱 (正方形)
6,160円(税込/送料別)〜

うるしの弁当箱 (ふつう / 大 / 特大)
6,160円(税込/送料別)〜

うるしの弁当箱 (二段)
10,450円(税込/送料別)〜

うるしの弁当箱 (重箱)
16,500円(税込/送料別)〜

うるしの弁当箱、全員集合。

それではサイズの比較をしていきましょう。まずは仲良く集合写真から。

今現在、うるしのお弁当箱は計7つのサイズがあります。



色や表情が異なるのは、素材の杉の個体差や、長期の使用によってうるしが薄くなる経年変化だったりします。自然素材なので、個体差はご了承ください。


■サイズ別容量の目安(小さい順)

・こども (430ml)

・正方形 (460ml)

・ふつう (510ml)

・大 (630ml)

・特大 (750ml)

・二段 (合計860ml)

・重箱 (合計1970ml)

このうち、ちょっと用途が異なる「うるしの弁当箱 重箱」はいったん置いておいて、残りの6種類をいろんな角度から比較していきましょう。




ふつう/大/特大の高さはすべて同じで、同じシリーズといった感じ。



ふつう/こども/正方形の高さは僅かにですが、差があります。



実際に詰めてみました。

今回は量をイメージしやすいよう、スーパーのお弁当を詰めて基準にしてみました。ふだんお弁当を買うとしたら、この大きさのを食べるだろうか、足りるだろうか…という感じに参考にしてみてください。ちなみにカロリーは832kcal。油ものが多いので意外とありますね。



それでは写真映えを意識してモリモリ盛らずに、ちゃんとフタを閉められるくらいまで詰めていきましょう。

こども:半分くらい残る

430mlのこどもサイズ。さすがに半分くらい残りますね。 年齢別の容量の参考目安として、
園児:280ml~450ml
小学1年、2年生:450ml~500ml
小学3年、4年:500ml~600ml
とのことですから、園児から小学1,2年、少食な子は3,4年生くらいまで使えるといったところでしょうか。



正方形:収まりやすい。

容量460mlの正方形サイズは、容量で言えば子供サイズ(430ml)とほとんど同じなものの、かたち的に長いおかずの収まりが良いからか、もう少し入りました。

正方形のお弁当ってなんとなくかわいいですよね。お弁当作りの気分を上げるという点で選んでもいいかも。



ふつう:おかずが半分残る。

容量510mlのふつうサイズ。白米をすべて詰めるとお弁当箱の半分くらいまで埋まり、おかずは半分くらい残りました。そんなに白米を食べない方、ちょっと少食な成人なら十分でしょう。



大:ぴったり!

630mlの大サイズはぴったり収まりました!大サイズとは名付けていますが、成人の標準サイズという感じ。



特大:あと1,2品入りそう。

750mlの特大ともなると、すき間ができました。あと1,2品くらい入りそうな感じですね。

一段の弁当箱ではけっこう大きなサイズですが、通勤カバンでもそこまで邪魔にならなそうです。



二段:かなり余裕。

860mlの二段は、より空きスペースができました。二段サイズは見た目的には小柄な印象なのですが、いちばん多く入るんですよね。

そこそこよく食べるアラサー男性の自分としては、このサイズが丁度いい感じ。さらにお味噌汁もつけますね。



使い方いろいろ。

CRAFT STOREスタッフの梅田さんは、毎日うるしの弁当箱を使っているヘビーユーザー。記録用にと、ほぼ毎日Instagram うめこごはんに写真を投稿しています。



自分の分は正方形サイズに。こどもサイズはシェアハウスのお友達のために、おかずのみを詰めて使っているといいます。


お弁当箱にはかさばるサラダとおかずを入れて、ご飯はおにぎりをプラスする使い方も素敵。モデルの高山都さんは大サイズを使ってくださっているみたい。ありがとうございます。



余談ですがその昔、「道具箱として使いたいから、どうしても買わせてほしい」と海外の方からメールが来て、イタリアまでお届けしたことがあります。たしかにペンケースにしても面白そう。用途を限定しない無駄のないデザインですから、小物入れとして使ってもいいかもしれませんね。


かばんとの相性も確認しよう。

お弁当箱を選ぶときは、かばんとの相性もチェックしましょう。

底がスリムなバックパックやブリーフケースの場合は、ふつう、大、特大、二段がいいでしょう。

正方形は、底の広いバックパックやトートバッグをお使いの方に。

密閉できるわけではないので、汁気の多いものは避けて風呂敷などで包んでくださいね。



外でお弁当を楽しむのが気持ちいい陽気になってきました。この春からお弁当づくりを始めたい皆様、ぜひ 参考にしてみてくださいね。良きお弁当ライフを!


こちらのコラムもおすすめです