特集 Thumb thumb suginoki re 03

杉の木クラフトが提案する、曲げわっぱのお弁当箱

日々使うものは、慎重にいいものを選びたい。特に、毎日のランチタイムにを共にするお弁当箱は、長く使えるものを選んで大切に使いたいですよね。

うるしの弁当箱特集冒頭

そんな時におすすめしたいのが、福岡の作り手「杉の木クラフト」による曲げわっぱのお弁当箱。日本人にとって最も身近なの木の一つともいえる、杉でつくられたお弁当箱なんです。

曲げわっぱのお弁当箱というと少し敷居が高いと思われるかもしれませんが、こちらの曲げわっぱのお弁当箱は普段使いにピッタリの優れものなんです。

うるしの弁当箱特集引き

冷めてもご飯ふっくら。杉の木クラフトの曲げわっぱ

ここ数年人気を集めている曲げわっぱのお弁当箱。その人気の理由は、木の吸湿作用です。余分な水分を吸ってくれるので、冷めてもご飯がべちゃっとならないんです。

天然の杉でできた「杉の木クラフト」のお弁当箱は吸湿性抜群。表面に漆を塗っているのですが、木が湿気を吸い取る余地を残してあるので、ご飯のふっくら感を長時間保ってくれます。

うるしの弁当箱特集ご飯

また、うるしの作用により耐久性もアップ。油に強く、揚げ物なども安心して入れることができる勝手の良さが特徴です。

お手入れも楽々。他の食器たちと同じように中性洗剤で洗うことができます。

うるしの弁当箱特集手入れ

神経質にならなくても、長く使い継げるお弁当箱なんです。使い続けていくうちに漆特有のつやが増し、ますます手放せない存在になっていきます。

うるしの弁当箱特集お出かけ

お出かけに連れていきやすいサイズ感

このお弁当箱は2サイズ展開。普通サイズと大サイズからお好みのものを選ぶことができます。

うるしの弁当箱特集サイズ感

普通サイズの容量は500ml。女性にとってはジャスト、男性にとっては腹八分目くらいのサイズ感です。ちょっと足りないという方はおかずをお弁当箱に詰め、ご飯をおにぎりにして持ち運ぶのがオススメ。

うるしの弁当箱特集おにぎり

大サイズはしっかり食べたい方にぴったり。容量は約620mlです。

うるしの弁当箱特集おにぎり

男女問わずに使えるシンプルなデザインなので、ご夫婦お揃いで使う方も多いようです。ご家族のお出かけでも、普段のランチタイムでも活躍してくれる存在です。

手ぬぐいでまとめれば、ちょっと和風な仕上がりに。蓋を抑えてくれるのにも役立ちます。

うるしの弁当箱特集手ぬぐい

杉に向き合い、ホンモノにこだわる杉の木クラフト

「杉の木クラフト」は福岡の糸島から杉の木のモノ作りを発信し続けている作り手さん。職人の溝口さんは、一度は建築の道に進んだのち、ものづくりの世界に魅了されて今の仕事を始めたのだそう。様々な表情をもつ”杉”という素材に魅了され、その特性を引き出す創作活動を作り続けています。

うるしの弁当箱特集製造工程

このお弁当箱を作るにあたり、「博多曲げもの」の作り手に弟子入りして曲げわっぱの技術を会得。

うるしの弁当箱特集作り手

お話ししていると、温厚な表情の中にものづくりに対する真摯な姿勢が垣間見える溝口さん。自由な発想で杉材ならではの加工法を探りつつ、暮らしに寄り添う道具を生み出しています。

そのこだわりは製品の安全性にも向けられています。厳選した天然物の漆を使用。接着部分は漆に小麦粉を混ぜた"麦漆"を使っています。工房内で混ぜ合わせており、化学由来のものは含まれていません。

"麦漆"は古くから仏像の建造や、陶磁器を補修する「金継ぎ」の際に使用されてきた歴史ある素材。陶磁器を接着できるほど丈夫で、なおかつ安心して使える"麦漆"。化学由来のものに比べると若干手間がかかる素材ですが、あえてこちらを選んでいるところに作り手のこだわりを感じます。

うるしの弁当箱特集麦漆

日々の美味しい時間のお供に

毎日のランチタイムをちょっと特別にしてくれる曲げわっぱのお弁当箱。大切な方への贈り物にもぴったりです。

うるしの弁当箱特集麦漆

手仕事の温もりが伝わってくるうるしのお弁当箱。あなたも杉の香りに包まれた爽やかなランチタイムを体験してみませんか?

記事で紹介した商品はこちら

杉の木クラフト

うるしの弁当箱

4,104円

杉の木クラフト

うるしの弁当箱(大)

4,860円

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb main 日本酒に合わせたグラス・酒器選び/素材による飲み口の違い

グラスの素材、形状によってお酒の味がガラッと変わります。

読むストーリー Thumb img 9830 【Staff-Picks】モノを持ちたくない、僕が選ぶ品々

CRAFT STORE のオーナーにして、自他共に認める"持たざる男" 井手康博。モノ選びの哲学と、厳選の品々をご紹介。

読むストーリー Thumb untitled 結婚祝いのプレゼントにお洒落な食器を送ろう

人生の中でも大きなイベントである、結婚に何を送りましょうか?

読むストーリー Thumb maruhiro top HASAMI仕掛け人が語る、ソークシリーズの舞台裏【前編】

有限会社マルヒロのブランドマネージャー・馬場匡平さんと、その製造を手がける窯元 菊祥陶器の代表・木下博昭さん。

読むストーリー Thumb thumb tashiro counter c 【検証】有田焼のワイングラス、rice wine glass.で日本酒の"香り"はどう変わる?

CRAFTの人気アイテム「rice wine glass.」。どれだけ濃い香りを楽しむことができるのか、検証してみました

読むストーリー Thumb kago use 日本のものづくりで暮らしのスパイスに、「!」のあるアイテムたち

見て関心、触って感動、使って驚き、知って納得!そんなワクワクするような品々です!