特集 Thumb thumb tashiro counter c

【検証】有田焼のワイングラス、rice wine glass.で日本酒の"香り"はどう変わる?

CRAFTの人気商品である、陶器でできた日本酒専用ワイングラス「rice wine glass.」。高い技術力を持つ有田焼の革命児・田代陶器店が、世界初の一体成型という離れ業によって作り出した逸品です。

ライスワイングラス検証

純白で滑らかな見た目も目を引きますが、一番の特徴は「日本酒の香りを最大限に引き出す」というところ。ワイングラスを模したシルエットがカップの中に気流を生み、香りが鼻までダイレクトに届くよう設計されています。

ライスワイングラス検証製造工程

実際に日本酒を注いでみたのですが、その違いは圧倒的。グラスに口をつける瞬間、鼻の周辺を濃厚な香りの塊に包まれたような感覚でした。...とは言っても、文章や写真で目に見えない香りを表現するには限界があります。

ライスワイングラス検証利用シーン

なんとかして「rice wine glass.」で味わう日本酒の美味しさをお伝えしたいとあれこれ考えた結果、「香りを可視化すればいいじゃん」という最高にわかりやすい結論に至りました。

ということで今回は、ドライアイスを使って空気の流れを可視化し、口に運ぶ瞬間を動画で検証してみます。酒器の体験を検証するなんて野暮というか、うまくいかなかった時のことを考えると各方面から怒られそうで怖いですが、「rice wine glass.」ならきっと大丈夫。やってくれるはず。

ライスワイングラス検証全体

検証の方法

「rice wine glass.」の他に2つの酒器を用意しました。こちらと、

ライスワイングラス検証1

こちらです。

ライスワイングラス検証2

それぞれ形状が違いますが、容量はだいたい同じです。

今回の検証は、日本酒の香りをもっとも感じる「飲む瞬間の0.5秒前」を想定。

ドライアイスの水蒸気で満たした酒器(低温による破損を防ぐため、内側の底にはクッションを敷きました。)を口元から1cmほど離したところにセットし、この状態で鼻呼吸をします。

水蒸気が鼻まで届けば、気流の流れに乗って香りが伝わったことがわかるという寸法です。果たして結果はどうなったのでしょうか、内心ヒヤヒヤです。

検証

一番手:黒いぐい呑 ライスワイングラス検証2詳細

最初に登場するのはこちらのぐい呑。色合いと締まった筒型のフォルムが渋い印象ですが、香りは鼻に届くのでしょうか。


側面に傾斜がないからなのか、気流が四方へ分散してしまいました。ほとんど鼻方面に向かっていません。

見た目は男性陣から好評だったものの、香りを楽しむうえではいまひとつだったようです。

二番手:茶色いぐい呑 ライスワイングラス検証1詳細

お次はこちら。くびれによって持ちやすくなっています。側面に傾斜があるので、一番目よりは期待が持てそうです。


惜しい。なかなか惜しい。密度の濃い気流はできていますが、鼻方面にはたまにしか届きませんでした。縁がもう少しすぼまっていれば、そこに沿っていい感じで届くような気がします。

でもそんな都合のいい酒器って、なかなかありませんよねえ。ねえ。

三番手:rice wine glass.

はいこちら。これでもかというほどすぼまっています。期待しかありません。早速いきましょう。

ライスワイングラス検証3詳細

カップの部分が大きいため少し水蒸気が薄いですが、鼻に向かって一直線の気流ができていることがわかります。この集中した気流が、「rice wine glass.」の濃厚な香りの正体。

ドライアイスの水蒸気で、しっかりと香りの伝わり方を再現することができました。一安心。

最高にリッチな日本酒体験を

デザインのインパクトに目が向きがちな「rice wine glass.」ですが、そのシルエットは日本酒の香りを楽しむために設計されたもの。酒器として、とても優秀な製品なんです。

今回は香りについて取り上げましたが、他にもこだわりがたくさん。気になった方はこちらをご覧ください。

唯一無二の技術で作られた酒器で、あなたも極上の日本酒体験を味わってみませんか?

ライスワイングラス検証まとめ

記事で紹介した商品はこちら

田代陶器店

rice wine glass for SAKE

19,440円

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb main 日本酒に合わせたグラス・酒器選び/素材による飲み口の違い

グラスの素材、形状によってお酒の味がガラッと変わります。

読むストーリー Thumb img 9830 【Staff-Picks】モノを持ちたくない、僕が選ぶ品々

CRAFT STORE のオーナーにして、自他共に認める"持たざる男" 井手康博。モノ選びの哲学と、厳選の品々をご紹介。

読むストーリー Thumb untitled 結婚祝いのプレゼントにお洒落な食器を送ろう

人生の中でも大きなイベントである、結婚に何を送りましょうか?

読むストーリー Thumb maruhiro top HASAMI仕掛け人が語る、ソークシリーズの舞台裏【前編】

有限会社マルヒロのブランドマネージャー・馬場匡平さんと、その製造を手がける窯元 菊祥陶器の代表・木下博昭さん。

読むストーリー Thumb thumb tashiro counter c 【検証】有田焼のワイングラス、rice wine glass.で日本酒の"香り"はどう変わる?

CRAFTの人気アイテム「rice wine glass.」。どれだけ濃い香りを楽しむことができるのか、検証してみました

読むストーリー Thumb kago use 日本のものづくりで暮らしのスパイスに、「!」のあるアイテムたち

見て関心、触って感動、使って驚き、知って納得!そんなワクワクするような品々です!