コラム記事

11/9開催の陶器市にむけ、波佐見焼をトレジャーハント

Thumb img 8271

陶器市に向けて、波佐見町へ

こんにちは、ライターの中村です。

先週、スタッフ4人で長崎県にある波佐見焼の窯元「石丸陶芸株式会社」に行ってきました。

訪れた目的は2019年11月9日(土)に開催する、陶器市の商品選び。初めて伺う窯元で少し緊張していましたが、温かく迎えていただきました。

石丸陶芸株式会社は、昭和23年から続く波佐見焼の窯元。自社窯でのものづくりに加え、仕入れ販売も行う会社です。

この日私たちを案内してくれたのは、森山さんと石丸さん。

「どこから見ていきましょうかね〜」と話すおふたりについていくと、体育館くらい大きな倉庫の中に。

3階についたとき、目の前の光景にびっくりしました!食器が入った棚が縦にも横にも、数えきれないほど並んでいたんです。

「こんな数から選ぶんですか!」と驚きながらも、初めて見る食器の多さにわくわくしていたところ、「まだ下の階も、隣の倉庫もありますからね。」と笑顔で言われました。

棚の中には小鉢から茶碗、プレート、箸置き、マグカップといったうつわ達。さらには花瓶などがたくさん揃っていました。もちろんかたちや色、釉薬、質感もそれぞれ個性があります。

口を開けば「これほしい〜!」を連呼していたと思います(笑)。

うつわの特徴を教えていただきながら、お客さまはどんなものがほしいかな、誰と使うのかな、なんて考えながら選びました。

陶器市の中身をチラ見せ

素敵な食器ばかりだったので、すごく時間がかかりましたが…….私たちはもちろん、お客さまにも「使ってほしい!」と思ったものを90個ほど厳選してきました。

その中の一部を、今日はちょこっとだけご紹介します!

Earth マグカップ

きれいに面取りされた外側は素材そのものの質感で、土のザラッとした感じがとてもかっこいいです。コーヒーが似合いそうなマグカップだなと。

内側は釉薬の淡いカラーが可愛くて、男女ともに使いやすいデザイン。同シリーズのどんぶりもおすすめです。

Kuvio(クビオ)

「Kuvio(クビオ)」はフィンランド語で「文様(もんよう)」という意味。白磁に鮮やかな釉薬で5種類の文様が描かれています。

日本の伝統的な「青海波」を表したウェーブは、男性スタッフお気に入りの柄です。

ドットライン

「どんぶりもほしいな」と思っていたところに石丸陶芸の森山さんがおすすめしてくださったのがドットラインシリーズ。

ドットとラインでつくられるシンプルなデザイン。ふちには口当たりのいい丸みがあります。

1番のポイントはどんぶりの軽さ。約215gしかないそうで、持ったときに軽さに驚き、思わず声が出てしまいました。

他にも素敵な商品をたくさんそろえているのでお楽しみに!

最後に梱包作業も一緒にお手伝い。社員さんの手の動きが早くて、あっという間に完了。最後まで驚いてばかりの1日でした。

陶器市は大名だけではなく、WEBでも開催

今週末は大名陶器市だけでなく、なんとWEBでも陶器市を開催します!

11月9日の大名陶器市では、波佐見焼の他にも有田焼や益子焼、美濃焼などご用意しています。ぜひお気に入りの1点を見つけに来てください!

そして11月10日から3日間はCRAFT STOREサイト内でも陶器市を行います。福岡県外にお住まいの方や、予定があって行けない……という方も、CRAFT STOREでWEB陶器市をお楽しみいただけます。

CRAFT STOREの大名陶器市

日 時:2019年11月09日(土) 11:00~18:00

住 所:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-6-11

    旧大名小学校の前の通り

価格帯:270円~4,000円

取り扱いラインナップ:波佐見、有田、益子、丹波、瀬戸など

当日の問い合わせ先:050-1746-0531(Fukuoka Growth Next事務局)

CRAFT STOREのWEB陶器市

日時:2019年11月10日(日)~11月12日(火)

場所:CRAFT STORE

秋晴れが気持ちのいい季節ですね。どうぞ、いい週末をお過ごしくださいませ。

陶器市にお越しなる皆さま、心よりお待ちしております。

人気コラムランキング
人気商品ランキング

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日 11:00-16:00
(土日祝を除く)