15,000円以上で送料無料

特集 Thumb img 1233

プレゼントにおすすめのカトラリー

ご飯の時、何を使いますか?

多国籍料理 出典:https://www.pexels.com/photo/person-eating-using-chopsticks-33162/

昨日の夕飯を思い出してみてください。

和食の人もいれば、洋食や中華だった人もいるのではないでしょうか。

今の日本の食卓には、和食だけでなく、カレーやパスタなど、

いろんな国の料理が並ぶようになりました。

それに伴って変化したのは、食事の道具。

お箸のほかに、ナイフ・フォーク・スプーンというカトラリー一式

おうちにそろうのが当たり前になっていますね。

カトラリー 出典:https://unsplash.com/photos/yw3UaP-5ybM

毎日使うけど、そんなに気を遣えなかったり、

カトラリーのデザインが、いつのまにかバラバラになってしまったり。

だからこそ、カトラリーのセットは贈り物に最適なのです。

こんなお祝いに

料理とカトラリー 出典:https://unsplash.com/photos/at2o-yNXr-U

おしゃれなカトラリーを、お友達にプレゼントするのはいかがでしょう。

例えば、一人暮らしを始めたとき。

例えば、引っ越しをしたとき。

大きな家電や家具に気を取られてしまいがちで、気を配る余裕がないときこそ、

気の利いたプレゼントがうれしいはずです。

赤ちゃん 出典:https://unsplash.com/photos/5yUPFjGFJoI

出産お祝いでは、銀のスプーンを贈りましょう。

「銀のスプーンを持って生まれてきた子どもは、一生食べ物に困らない」

という言い伝えから、高価な銀のスプーンを贈る風習ができました。

ぜひ、身近な人に子どもができたら、銀のカトラリーを贈ってみてください。

他にもいろいろなお祝い事で、カトラリーを贈ってほしいのですが、

1つ注意しなければならないイベントがあります。

それは結婚お祝いです。

カトラリーに含まれている、ナイフ(刃物)は、「縁を切る」

と連想されるので、結婚祝いには向かないとされています。

今では「切り開く」というポジティブな解釈もあるので、

相手が気にしないようであれば、大丈夫ですよ。

カトラリーを選ぶポイントは?

カトラリーと言っても、今はたくさんの種類があります。

価格帯も幅広く、迷ってしまいそうですが、

その分選択肢も広いので、いろいろなシチュエーションに対応できそうです。

銀色のカトラリー 出典:https://unsplash.com/photos/Z20wtGu1OH4

カトラリーの最高級品は「純銀製」です。

カトラリーの表面から中身に至るまで、銀そのものでできた銀食器。

その美しさは目を見張るものがあります。

しかしその素材ゆえ、どうしても値段は高く、お手入れもやや難易度が高め。

しっかり者で几帳面な方や、お世話になった方への贈り物におすすめです。

純銀には手が出せないけど、見た目にはこだわりたい。

そんな方には「洋白銀器」。

中身は合金でも、表面は銀のコーティングをしているので、

見た目は純銀製そのものです。

中身の合金も、重さが銀と近いのもポイント。

値段は下がりますが、質感、外観は銀そのものです。

テーブルセット 出典:https://unsplash.com/photos/FWOGqSKq_Cs

最も普段使いしやすいのが「ステンレス」。

錆びにくく、お手入れも簡単なので、普段使いにはぴったりです。

値段もかなり良心的なので、手軽なプレゼントに。

ホーローのカトラリー

このステンレスをホーロー仕上げにしたカトラリーもあります。

金属製のカトラリーが持つ、少し冷たい印象を和ませてくれる、白さ。

つるんとしていて、口当たりも抜群です。

同じように、あたたかみのある質感を持つのは、木のカトラリー。

木のカトラリー 出典:https://www.pexels.com/photo/art-board-cooking-flowers-350417/

食卓の雰囲気が一気に明るくなります。

ただし、木のカトラリーは少しお手入れが大変です。

水に弱いため、完全に乾かしてからしまうこと。

塗装のはがれやすいものや、オイル塗装の場合は、油を塗り直す必要があること。

など、ちょっぴり面倒ではありますが、それさえ苦にならなければ、

とてもおしゃれなカトラリーです。

日本人におすすめサイズ

ステーキとナイフ・フォーク 出典:https://www.pexels.com/photo/cuisine-cutlery-dinner-dish-299351/

カトラリーには大きく分けて、フォーク・ナイフ・スプーンがあるというと、

そんなこと知ってるよ!という声が聞こえてきますが、

カトラリーを細かく分けると数十種類にもなる、というのは少し驚きじゃありませんか?

欧米で食事の際、一般的に用いられるのは、テーブルフォークとテーブルナイフです。

しかし、日本人は欧米人よりも体格が小柄。

だからどうしても、欧米仕様のカトラリーは大きすぎてしまうのです。

そこで日本で一般的に用いられてるのが、デザートフォーク・デザートナイフ・デザートスプーン。

名前に「デザート」とありますが、これはデザート専用、ということではないのですね。

贈る相手が日本人であるならば、「デザート」と名前に入っているカトラリーを選ぶと普段使いしやすいでしょう。

ホーローのバターナイフ

他には、ティースプーンやケーキフォーク、バターナイフなどはおうちでも使いますよね。

使い道が特殊でも、アイスクリーム用スプーンなどなら、便利アイテムとして重宝します。

おうちで活躍するカトラリーを

ホーローのカトラリーセット

いかがでしたか?

カトラリーはたくさんの種類があるので、相手にぴったりのプレゼントを選べます。

おしゃれなカトラリーならば、毎日使ってもらえるし、贈った甲斐がありますよね。

華を添えられるようなカトラリーを、ぜひ食卓に。

この特集を読んだ方におすすめの記事

読むストーリー Thumb about craft         6 はじめまして、CRAFT STOREです。

日本を旅するネットショップ、CRAFT STORE。

読むストーリー Thumb  r1a8129 cygne(シーニュ)がNAGAE+から新登場

富山は高岡の技術が生み出すフェイシャルセルフケアツール、まもなく。

読むストーリー Thumb thumb img 5751 【Staff-Picks】"白"アイテムで統一感を出すと、清潔感のある食卓をつくれる。

CRAFT STORE オーナーにして、自他共に認める"白好き"井手康博。来客用にぴったりな、清潔感溢れる品々をご紹介。

読むストーリー Thumb ogp 【Staff-Picks】自宅の清潔感をアップできるメイドインジャパン製品

CRAFT STORE のオーナーにして、自他共に認める"潔癖症" 井手康博。自宅を清潔に保つ、厳選の品々をご紹介。

読むストーリー Thumb sake article thumb 日本酒に合わせたグラス・酒器選び/素材による飲み口の違い

グラスの素材、形状によってお酒の味がガラッと変わります。

読むストーリー Thumb img 9830 【Staff-Picks】モノを持ちたくない、僕が選ぶ品々

CRAFT STORE のオーナーにして、自他共に認める"持たざる男" 井手康博。モノ選びの哲学と、厳選の品々をご紹介。