15,000円以上で送料無料

Soak pt

磁器を染め上げました。

HASAMI

ソークシリーズ

波佐見と英国のクラシックポップ。

波佐見焼の新しい姿として生まれたソークシリーズ。

形だけをみるとクラシックだけど、さらさらとした質感とビミョウな色合いはどことなくポップでモダン。

英国のパブで使われることをイメージしたというこの器。

そういえばイギリス人は、もともと銀行や教会だった荘厳な建物を

トレーナー1枚で行けるくらい庶民的なパブにしちゃったりする。

”古臭い”ものを気張らずラフに使うのがすごく上手な文化だ。

オーソドックスな形のカップとフチが立ったクラシックなプレートに、カジュアルな質感とカラー。

たしかにそう考えると、イギリス文化と似たものを感じます。

製造中のソークシリーズ

染物みたいなじんわりカラー

目につくのがこの色。

モダン、といったら”わかりやすい”色になりがちだけど、

シックで硬質なグレー、素焼きのようなベージュ、

キャラメルみたいなブラウン、涼しいインディゴ、

どれもなんともいえない絶妙な色。

実のところ、この色を出すのに2年かかったのだそう。

普通とは違い、釉薬(表面をコートするもの)を塗って色をつけるのではなく

特殊な絵の具を生地に混ぜ込んで焼き上げると、染みでる(英語でソーク!)んだとか。

机の上に並んでいて色の違うソークカップ L

見た目を裏切る軽さのカップ

DURALEXみたいなオーソドックスで丈夫なグラスを彷彿とさせながら、特有の重さがありません。

むしろ紙コップかと思うくらい軽く、さらさらしっとりとした手触りが気持ちいい。

これは未体験の質感でした…

冷たいものを注ぐとひんやりと汗をかき、夏に気持ちいい。

テーブルに置くと、「コッ」と硬質でもあたたかみのある音がします。

大きさの異なるソークカップシリーズ

大げさじゃないから使いやすい

カップと違って、プレートはゴッツリとしている。

ヨーロッパの、なんとか様式の柱にありそうなカタチ。

ハンバーグと、人参を甘くしたやつと、マッシュポテト。

ムニエルにディルを乗っけたりして…洋のイメージが浮かんできます。

でもこの形、”中華風”にも見えてきた。

回鍋肉、レバニラ、野菜炒め。

なんだかんだでオールマイティに使えそう。

手に持ったソークトレイ

表面のこと

素焼きに似た質感で、水が染み込みそうだけど、

高密度に焼き締められているのでばっちり弾きます。

一点一点色味や濃淡が違い、焼き締めたときにできる

独特の模様がありますが、焼き物はそこが醍醐味。

オンリーワンを感じられます。

ソークカップシリーズの表面

新しく伝わるHASAMI焼

職人の技術とデザインで、現代の食卓にアプローチする有限会社マルヒロ。

同社のブランド「HASAMI」は「道具としての陶磁器」をコンセプトとしています。

「工芸」のイメージから離れたポップなデザインと、見た目だけじゃない確かな品質がカッコいい。

新製品の「ソークシリーズ」は、新しい波佐見焼を提案したいという思いでスタート。

成型、色付け、焼き上げすべてを見直しました。

「いままでにない技術をふんだんに使った」と語る職人さん。

デリケートな色をコントロールするために、乾燥の具合や液体を漬ける時間、濃度など、

テストを重ねに重ね、長い歳月をかけて、今までにない波佐見焼が生まれました。

型から素材を流し出している様子

高品質に、カジュアルに

職人さんが試行錯誤したというだけあって

いままでにない質感のソークシリーズ。

クラシックから染み出るポップなカワイさが

サラッとカジュアルに使うとカッコいい。

机の上に並ぶソークカップ M

ソークシリーズの商品

HASAMI

ソークカップ4色セット

8,640円~

波佐見焼の技術が光る、優しい色合いのソークカップ。

HASAMI

ソークカップ(S)

2,160円~

波佐見焼の技術が光る、優しい色合いのソークカップ。

HASAMI

ソークカップ(M)

2,700円~

生地に色を染み込ませた、あたらしい質感。

HASAMI

ソークカップ(L)

3,240円~

波佐見焼の技術が光る、優しい色合いのソークカップ。

HASAMI

ソークトレイ(L)

4,860円~

おしゃれなカラーバリエーション。普段使いにピッタリ。

関連するストーリー

読むストーリー Thumb 2017 02 14 17.56.08 HASAMI仕掛け人が語る、ソークシリーズの舞台裏【後編】

有限会社マルヒロのブランドマネージャー・馬場匡平さんと、その製造を手がける窯元 菊祥陶器の代表・木下博昭さん。

読むストーリー Thumb maruhiro top HASAMI仕掛け人が語る、ソークシリーズの舞台裏【前編】

有限会社マルヒロのブランドマネージャー・馬場匡平さんと、その製造を手がける窯元 菊祥陶器の代表・木下博昭さん。

読むストーリー Thumb thumb soaktray use 1 大切な人へのギフトにおすすめしたい、お洒落なお皿

どの家庭でも食器類は必需品。生活の中で末永く使ってもらえるような、美しいデザインのお皿をプレゼントしてみませんか?

おすすめのシリーズ

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)