15,000円以上で送料無料

Kimura shoyu pt

注ぐカタチを見直しました。

木村硝子店

醤油差し

注ぐ、をデザインする醤油差し

醤油差しって、毎日使ううちに注ぎ口に醤油が溜まったり、継ぎ足しを繰り返すうちに澱んでしまったり。

いつのまにか食卓にだらしない空気を運んでしまっているかも。

日本の食卓に欠かせない醤油。

毎日使うものだから、気持ちよく使えるものを選びたい。

とはいっても、決まりきった形だと飽きてしまう。

ちょっとおしゃれで、できれば面白味があると、毎日の食卓が楽しくなりそう。

木村硝子店から、かわいらしいふたつの醤油差しが届きました。

洗練された「テーブルソイソース」と、インパクト抜群の「ドロップレット」。

醤油を注ぐ何気ない瞬間をデザインします。

ドロップレットの質感

使いやすく、飽きのこない「テーブルソイソース」

「テーブルソイソース」は、小さな手にもフィットする醤油差し。

テーブルの中で悪目立ちしない、品の良いデザインです。

木村硝子店

ドロップレット

3,456円 (税込/送料別)

本体から蓋まできれいに洗える形状になっているので、お手入れも苦になりません。

醤油を継ぎ足すたびにリフレッシュして、気持ちよく使うことができます。

蓋の裏側についた溝から醤油が流れるので、道筋が見え、切れも抜群。

ぴったりの量を注ぐことができます。

Luft のデザイナー・真喜志奈美氏と、木村硝子店のコラボレーションで生まれました。

Luftは「空気」をテーマにしているデザイン事務所。

空間や物の中に、新鮮な空気、余白、間を持たせることをモットーとし、さまざなデザイン展開をしています。

ドロップレットの様子

新しい硝子のカタチを提案。「ドロップレット」

雪だるまのような不思議なシェイプ。

下の器に醤油を入れ、上の部分からスポイトの原理で醤油を注ぎます。

理科の実験みたいでなんだかワクワク。

使い方はこんな感じ。スポイトのてっぺんに穴が空いているので、

そこを指で塞ぐようにして醤油を注ぎます。

ドロップレット使用時の様子

一般的な醤油差しと違い、あらかじめ注ぐ量を決めることが可能。

微妙な調節ができるので、うっかりかけすぎた、というお醤油あるあるとは無縁です。

デザインしたのは、グラフィック、プロダクトを問わず幅広く活躍する五十嵐氏。

近年ではステンドグラスの新しいアプローチに挑戦するなど、硝子製品とも造形の深いデザイナーさんです。

大正時代から昭和初期に使われていた「小出し醤油差し」をルーツにデザイン。

幾何学的なデザインが、お醤油をモダンな印象に。

ユーモラスな仕掛けは、食卓に置くだけで話のネタにもなりそう。

テーブルソイソースを手に持っている様子

シンプルで上品な佇まいの「テーブルソイソース」。

木村硝子店

テーブルソイソース

1,944円 (税込/送料別)

ストレートと変化球、どっちがお好み?

目新しいフォルムで、新しいお醤油との付き合い方を、

提案してくれる「ドロップレット」。

どちらもコンパクトで、毎日の食卓にちょこんとフィットするアイテムです。

使用感は実力伯仲、スタッフの間では人気が綺麗に分かれています。

この際、第一印象で選んでみては。

テーブルソイソースz

醤油差しの商品

木村硝子店

テーブルソイソース

1,944円~

液垂れしない、素直なデザインの醤油差し。

木村硝子店

ドロップレット

3,456円~

雪だるまのようなシルエットの、不思議な醤油差し。

おすすめのシリーズ

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)