冬季休業のお知らせ
M1

花と本

224porcelain

はなぶんこシリーズ

はなぶんこシリーズ

昔から本を読むことが好きだ。

読書好きな母の影響で、小学生の頃からずっと本を読んできました。

特に文庫本が私のお気に入り。

出かけるときは必ずバックの中に一冊か二冊入れていないと落ち着かない。

仕事帰りや休日は、駅前の本屋に立ち寄ってワクワクやドキドキさせてくれる出会いを探すことが楽しみです。

長年ずっと一緒に生活していたので自宅の寝室にある本棚にはズラッと本たちが並んでいます。前に読んだ本でも気になって読み返したりすることも。

「あと、何冊ぐらい読むのかな」

これからどれだけの本と出会うことができるのか楽しみにしながら、新しく買った本を書棚に加えました。

ある日、リビングで寛いでいると、友人からメールが届きました。

「こんなの見つけたよ。本好きならぴったりじゃない?」

その文面と共に通販サイトのリンクが載せられています。

サイトを覗くと、そこには「はなぶんこ」という文庫本サイズのフラワーベース(花瓶)がありました。

「文庫本に花を添えるなんて考えたことなかった。良いかも」

早速、「白」「瑠璃」の二種類のフラワーベースを注文し、数日後、自宅に届きました。

「文庫本と同じくらいのサイズだから、隙間にぴったり収まるし、一緒に並べても違和感ない」

そこで、次の日に一輪の花を二種類購入して、フラワーベースに挿してみました。

大好きな本たちからまるで花が一輪ずつ咲いているような、寝室を飾るインテリアのようになりました。

「なんか眺めていると落ち着く」

「今度は本のジャンルや作家に合わせて花を飾ってみようかな」

そんなことを考えながら、しばらく大好きな本たちと花を眺めていました。

224porcelainは、そんなあなたの大好きな本たちに花を添えるインテリアをお届けします。

これまでの価値観にこだわらない自由な発想

「224porcelain」は日本でも有数の温泉地と知られる佐賀県嬉野市にあります。

佐賀の有田焼や長崎の波佐見焼の人気の裏で400年以上もの長い年月をかけて技術を磨いてきた「陶磁器・肥前吉田焼」。

その肥前吉田には有田焼の絵付けなどのように決まった様式がありません。そのため、イメージしたも形、色、絵柄など、オーダーメイドで製作するなど、自由なものづくりを可能にしています。

「224 porcelain」では長い歴史と培ってきた技術を元に決まった価値観にとらわれることなく、他にはない新しいものづくりに日々挑戦しています。次々と生まれる新しい「肥前吉田」をお客様にお届けできればとねが言っています。

主張しすぎないシンプルな見た目

ちょうど文庫本くらいのサイズのスクエア型のフラワーベースになっているので、文庫本と並べても違和感なくぴったりと収まります。色は白と瑠璃色の二種類で、光沢のあるシンプルな見た目は主張しすぎないので和風、洋風のお部屋にも合わせやすいです。花を一輪挿してあげると、並んだ文庫本が花を引き立ててくれます。

気分で花の種類を変えることで気分転換することもオススメです。

あなたの大好きな本が並ぶ書棚に、一輪の花を飾ってみませんか?

はなぶんこシリーズの商品

224porcelain

はなぶんこ

3,240円~

本のようなフラワーベース

おすすめのシリーズ

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)