新商品入荷中!

          19

ガラスの透明感と螺鈿の神秘的な輝き

天野漆器

螺鈿硝子 杯

目の前で夫は晩酌を楽しんでいる。
テレビを見ながら楽しそうに笑っている。

「幸せだな」

そんな何気ない時間が私は好きだ。
私と夫の一番の共通点はお酒が好きなところだと思う。
付き合って間もない時、「日本酒を飲むならここ、ワインを飲むならあそこだな」と意気揚々と夫は色んなお店に連れて行ってくれた。
結婚してからも二人で気になったお店を見つけては、たまの休みにお酒を飲みに出かける。

「この間気になったから買った」

そう言って私は夫に新しいグラスを出した。
それはグラスの底に「桜」や「石垣」の綺麗なデザインが施されているもの。



「見ててね」

そう言って私はグラスにお酒を注ぎ込む。
夫は不思議そうにそれを見つめる。

「おぉ〜、綺麗だね」

そう言いながら夫は横から、上から、色んな角度でグラスを覗き込む。
私はそれを見ながら微笑んだ。
その時から夫は必ずそのグラスを離さなくなった。
時折、口に運ぶ前にグラスを眺めて楽しんでいる。

「お酒を入れるグラスを眺めて楽しみたい」
「日本酒など、和が似合うグラスがほしい」
「品のあるグラスを集めたい」 

そんなあなたにぴったりの「螺鈿硝子 杯」を天野漆器は作っています。


天野漆器株式会社

明治25年から培ってきた「高岡漆器」の伝統技術を活かした商品を作っている「天野漆器株式会社」。 「高岡漆器」は江戸時代(1609年)の初めに加賀藩主 前田利長が高岡城を築いた際に武具や箪笥、膳などの生活用品を作らせたことが始まり。 その後、中国から技法が伝えられたことがきっかけで、色漆を使って立体感を出す彫刻塗などの多彩な技法が生み出され、「高岡漆器」の発展につながりました。





天野漆器株式会社は「愛される店」の「愛される商品」をコンセプトにユーザーの目線に立った開発を心がけています。


お酒の味だけでなく、眺めて楽しむ

お酒の種類は豊富で、味も色も香りも様々。そんなお酒をさらに引き立ててくれるものはグラスではないでしょうか。「螺鈿硝子 杯」はグラスの底に「桜」や「石垣」をイメージした螺鈿細工(貝殻を漆で固定してデザインしたもの)が施されています。グラスだけを眺めても美しさを感じることができますが、グラスにお酒を注ぐと底のデザインが浮かび上がり、さらに情緒を感じさせてくれます。



あなたの特別なお酒の時間に天野漆器のグラスを選んでみてはいかがでしょうか。

螺鈿硝子 杯の商品

天野漆器

金杯(万華鏡)桜 / 螺鈿硝子 杯

8,640円~

握った感触と底に映る「桜」を楽しむ

天野漆器

金杯(万華鏡)水玉 / 螺鈿硝子 杯

8,640円~

握った感触と底に映る「水玉」を楽しむ

天野漆器

杯(クリスタル)石垣 / 螺鈿硝子 杯

7,560円~

握った感触と底に映る「石垣」を楽しむ

おすすめのシリーズ

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)