0
%e5%9b%9b%e5%ad%a3%e9%99%b6%e6%88%bf

四季陶房

代々作陶を続けてきた家庭に生まれた、窯主の岩下 武さん。約40年前に陶芸を始め、約10年後に独立。「四季陶房」を設立しました。「跡継ぎではなく新しく始めなさい」という教えから、ご両親の技術は受け継がず、独自の焼き物を追求してきました。



四季陶房のこだわりはなんと言っても、釉薬。色を安定させるのが難しいと言われる釉薬ですが、岩下さんは「安定性の無い(色が綺麗に出にくい)釉薬が面白い。安定性が無いからこそ追求できて、面白さがある。」と探究心を求められていました。

四季陶房の器は、そんな岩下さんにしか出すことができない色に包まれています。



益子焼は江戸時代の終わりから続く歴史ある焼き物。現代でもベテランから若手まで多くのつくり手が集まっており、伝統を受け継ぎつつも現代に馴染むデザインで人気の産地です。

ぽってりとした土の質感と素朴でやわらかな雰囲気をまとっており、食卓にあたたかな印象を与えます。

四季陶房 で取り扱っている商品