15,000円以上で送料無料

喜泉

見た目に美しいのはもちろん、それが実際に使われるシーンにまで工夫を凝らした作品が、暮らしに喜びを添える。まさに「喜泉」というブランド名の通り、団欒の中で喜びの源泉となるように、という願いを込めた製品を展開しています。

技術と革新が備わった、高岡のものづくり

400年に渡って受け継がれた鋳物の技術が息づく街、高岡。

このkisenを手がける有限会社 四津川製作所は、高岡の地で昭和21年に創業。

花瓶製作からスタートし、現在まで金属の鋳造を行なっています。

kisenシリーズを手に持っている様子

kisenが生み出す商品

脈々と受け継がれた、加工や着色の技術によって、金属の良さを自在に引き出した製品を販売しています。

そんな四津川製作所が表現の幅を広げるため、金属と木との融合を目指して開発した製品です。

kisenシリーズを二つとも使っている様子

金属の特性を知り尽くして精巧に加工する技術、深みのある色合いを表現する伝統着色、そして絶妙な力加減により0.1㎜単位で木を削るろくろ職人。

そのシンプルなシルエットには、日本のものづくりのオールスターとも言える技術が集まっているんです。

kisenシリーズが食卓にある様子

使い手の喜びの泉になりたい

使い手の喜びを作り出すような商品ばかり。ブランドの名前の通り、日々の暮らしに喜びの泉が生まれるかのようです。

CRAFTで取り扱っている「アッ」と驚くコップを手に取ってみては?

kisenシリーズが傾いている様子

喜泉のシリーズ

関連するストーリー

読むストーリー Thumb thumb yotsukawa kisen coor12 テーブルを「動き」で彩る、四津川製作所のぐい呑み

富山県高岡市の作り手「四津川製作所」。"動き"で食卓を彩る、新感覚の酒器シリーズをご紹介します。

関連するブランド

我戸幹男商店

我戸幹男商店

現代的なデザイン性を併せ持った漆器を展開する「我戸幹男商店」。"木地の山中"と称される高い造形技術を活かして丁寧に挽きあげられた製品が、世界中から高い評価を受けています。

isuke

isuke

「ナチュラル」「コンテンポラリー」を基本コンセプトとして、日本のみならず海外市場を視野に入れているこのシリーズ。日本独特の「木の器」×「伝統技術」により、現代の食卓にマッチする器を目指し、この「MOKU」を生み出しました。

漆屋はやし

漆屋はやし

伝統工芸士に認定されている「漆屋はやし」の林克彦さん。伝統的な技術を用いて、現代のライフスタイルに沿ったうつわを提案しています。紀州漆器に宿る"用の美"の精神にもとづき、実用的で美しいものづくりを展開しています。

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT STORE運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)