我戸幹男商店

現代的なデザイン性を併せ持った漆器を展開する「我戸幹男商店」。"木地の山中"と称される高い造形技術を活かして丁寧に挽きあげられた製品が、世界中から高い評価を受けています。

450年の技術と新しい感性を融合する「我戸幹男商店」

触れた時に伝わってくる、木材ならではのぬくもり。

生まれたままの木目を使っているから、一つとして同じものはありません。

我戸幹男商店の木地へのこだわりを紹介します。

我戸幹男商店のこだわり

木材を削っている様子

山中漆器の伝統を継承していく「我戸幹男商店」。

石川県山中で、最初は我戸木工所として創業。

木地師の意志を、今も受け継ぎ、

丁寧に挽きあげた木地の、天然の素材にしか出せない美しい木目。

それを一切隠すことなく勝負しています。

裏を返せば、ごまかしの利かない世界。素材、木地、拭漆。

その全てが完璧でないと成り立たたないのです。

時代に依らず愛される漆器は、高い技術を生かした実用性、

和の美意識を追求してきた賜物です。

山中漆器とは

商品の木目

石川県には

「木地の山中」「塗りの輪島」「蒔絵の金沢」

と呼ばれる三つの産地があり、

その名の通り挽物木地においては全国でも他の追随を許さない完成度を誇るのが、

「山中漆器」です。

「山中温泉」はテレビなどでよく耳にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

その「山中」で、職人の方々が継承されてきた技術によって

繊細で温かみのある”モノ”が作られているのです。

我戸正幸氏の人柄とものづくりの姿勢

初めて社長の我戸氏とお会いしたのは、東京の展示会の会場。

とても背が高く、後ろ姿だけ見ると、

ちょっと怖い人なのかなという印象でしたが、

私の声に我戸氏は振り返るととても柔らかい笑顔で

山中漆器のことについてお話ししてくれました。

その後すぐに私は石川県加賀市にあるオフィスに訪問したのですが、

自然豊かな町の中にある黒い壁でできたスタイリッシュなショールームは

強烈なインパクトがありました。

その日山中のものづくりの現場を案内していただき、

職人さんの手際の良さからは考えられないほどの精密な寸法どりや、

細かいラインを入れる作業の繊細な手さばきなどにとても驚き、感動しました。

職人と商品

普段百貨店などで見ていた商品の裏側には、

こんな素晴らしい技術とそれを支える”人”がいることに直面し、

またその職人さんと一緒に山中漆器のデザインを変え、

ものづくりの本質的な価値を発信している我戸氏の思いに共感したのです。

CRAFTで取り扱いのある我戸幹男商店のシリーズ

TASAIの食器シリーズ

TASAIシリーズ

「多才」で「多彩」、

様々な使い方で空間や食材を彩り、美しく仕上げてくれる器です。

我戸幹男商店

TASAI ボウル(M)

4,860円 (税込/送料別)

WAQWAのカップ

WAQWAシリーズ

ワクワクして使うこと、指と匙と器の関係性からデザインされた器。

我戸幹男商店

WAQWA カップ(L) 

4,860円 (税込/送料別)

美しい木の木目でテーブルを豊かに

鼻につかない品の良さが魅力の、我戸幹男商店の漆器。

上質な木のカップは、日常生活にも、特別な時間にも溶け込んでくれます。

贈り物としても温かみがあっておすすめです。

職人の技を日常の中に取り入れてみませんか.。

我戸幹男商店のシリーズ

関連するブランド

isuke

isuke

「ナチュラル」「コンテンポラリー」を基本コンセプトとして、日本のみならず海外市場を視野に入れているこのシリーズ。日本独特の「木の器」×「伝統技術」により、現代の食卓にマッチする器を目指し、この「MOKU」を生み出しました。

喜泉

喜泉

見た目に美しいのはもちろん、それが実際に使われるシーンにまで工夫を凝らした作品が、暮らしに喜びを添える。まさに「喜泉」というブランド名の通り、団欒の中で喜びの源泉となるように、という願いを込めた製品を展開しています。

テオリ

テオリ

社名の「テオリ」はドイツ語で、「基本・原点・初心」という意味。平成元年に設立されたテオリは、約30年たった今初心を忘れず素敵な製品を作り続けています。

なにかお困りですか?お気軽にご相談ください!

電話で相談する LINE@で相談する お問合せフォーム

ニューワールド株式会社 CRAFT運営局
受付時間:平日10:00~19:00
(年末年始等、特別休暇を除く)